2021年9月欧州から見たサンフレッチェ広島所属選手推定移籍金市場価格

この記事では2021年9月時点、欧州から見たサンフレッチェ広島所属選手の推定移籍金市場価格をランキング形式でまとめております。

2020年シーズンは中位となる8位で着地となったサンフレッチェ広島。

シーズン開始前には補強は最小限とし、昨シーズンの主力を主軸としたチーム作りとなっていました。

率いるのは4年目となる城福浩監督。
過去3シーズンは全て一桁の順位で着地しているだけに、なんとか上位を目指したいところ。

それではサンフレッチェ広島所属選手の推定移籍金市場価格をランキング形式でまとめていきますので是非最後までご覧ください。

この頁の情報は海外サッカーサイトtransfermarktを参考にしております。
※2021年9月16日時点
また、扱っている画像についてはご本人様やクラブ公式等、権利を有するTwitter投稿を引用させていただいております。
スポンサーリンク

サンフレッチェ広島所属選手推定移籍金市場価格ランキング

まずは11位から20位までの選手の一覧です。

pos./背番号選手名(年齢)推定年俸推定移籍金市場価格
12位FW/9ドウグラス・ヴィエイラ(33)6,000万円(対前年+500万円)約7,100万円
12位DF/33今津 佑太(26)900万円(対前年不明)約7,100万円
12位MF/17松本 泰志(23)1,400万円(対前年不明)約7,100万円
15位MF/41長沼 洋一(24)950万円(対前年不明)約6,400万円
15位FW/14エゼキエウ(23)5,500万円(対前年+1,300万円)約6,400万円
17位MF/25茶島 雄介(30)2,600万円(対前年+600万円)約5,800万円
18位DF/21住吉 ジェラニ レショーン(23)不明約4,500万円
19位FW/20永井 龍(30)2,500万円(対前年±0円)約3,800万円
20位MF/15藤井 智也(22)480万円(大卒ルーキー)約3,200万円

それでは続いてトップ10の選手です。

10位:青山 敏弘

移籍金市場価格
約7,700万円
前所属:岡山県作陽高等学校(~2003)
年齢:35歳
身長:174cm/体重75Kg
背番号:6番
ポジション:MF
推定年俸:7,700万円(対前年+200万円)

サンフレッチェ広島18年目のバンディエラ。
今なお主力として活躍する。

優れたパスセンスでゲームをコントロールし、司令塔としてチームの舵を取る。
攻守の切り替えも早く献身的な守備も特徴。

10位:ハイネル

移籍金市場価格
約7,700万円
前所属:トンベンセからレンタル移籍中
国籍:ブラジル
年齢:31歳
身長:172cm/体重65Kg
背番号:27番
ポジション:MF
推定年俸:5,200万円(対前年▲100万円)

右サイドの選手ではあるが、中央でもプレー可能。

縦への推進力が強みで、昨シーズン3アシストを記録。

スポンサーリンク

9位:東 俊希

移籍金市場価格
約9,000万円
前所属:サンフレッチェ広島ユース(~2017)
年齢:21歳
身長:180cm/体重69Kg
背番号:24番
ポジション:MF
推定年俸:1,400万円(対前年+550万円)

各世代別の代表に名を連ねる。

昨シーズン、左ウィングバックとしてポジションを奪取。
今シーズンも主力として躍動し、27試合を消化し3ゴール2アシストの活躍。

まだ若く将来が期待される選手。

6位:浅野 雄也

移籍金市場価格
約1億300万円
前所属:水戸ホーリーホック(~2019)
年齢:24歳
身長:170cm/体重64Kg
背番号:29番
ポジション:MF
推定年俸:1,600万円(対前年+750万円)

J1初挑戦となった昨シーズンは5ゴール3アシストと、得点アシスト両方においてクラブ内トップ5となった。

得点にかなり貪欲な姿勢が見られ、サンフレッチェ広島に必須のアタッカーとなった。

6位:ジュニオール・サントス

移籍金市場価格
約1億300万円
前所属:柏レイソル(~2020)
国籍:ブラジル
年齢:26歳
身長:188cm/体重85Kg
背番号:37番
ポジション:FW
推定年俸:5,000万円(対前年▲1,000万円)

サンフレッチェ広島の今シーズン最大の補強。

単独で突破していくことが出来るFWで、新たなエースとしての活躍が期待される。

27試合を消化し7ゴールを決めており、これはチーム内トップの得点数となっている。

6位:柏 好文

移籍金市場価格
約1億300万円
前所属:ヴァンフォーレ甲府(~2013)
年齢:34歳
身長:168cm/体重62Kg
背番号:18番
ポジション:MF
推定年俸:5,600万円(対前年▲200万円)

切れ味鋭いドリブルで局面を打開し、パス技術も正確。

かつゴールも狙うスキルも持ち合わせる。

昨シーズンは怪我の影響もあり1ゴールに終わってしまった。

5位:荒木 隼人

移籍金市場価格
約1億1,600万円
前所属:関西大学(~2018)
年齢:25歳
身長:186cm/体重75Kg
背番号:4番
ポジション:DF
推定年俸:2,500万円(対前年+1,300万円)

昨シーズンはリーグ戦33試合に出場、サンフレッチェ広島のセンターバックとしてレギュラーを勝ち取った。

空中戦に強く、昨シーズン131本競り合って64.9%の勝率を誇る。
1対1の対応でもその強さを見せる。

4位:大迫 敬介

移籍金市場価格
約1億2,300万円
前所属:サンフレッチェ広島ユース(~2018)
年齢:22歳
身長:187cm/体重86Kg
背番号:38番
ポジション:GK
推定年俸:2,000万円(対前年+600万円)

昨シーズンの後半戦はGKのポジションとして林選手がメインで起用されていたものの、今シーズンに入りポジションを奪い返す。

将来の日本代表を担うGKの一人。

スポンサーリンク

2位:野上 結貴

移籍金市場価格
約1億3,000万円
前所属:横浜FC(~2016)
年齢:30歳
身長:180cm/体重72Kg
背番号:2番
ポジション:DF
推定年俸:2,900万円(対前年+500万円)

センターバック、ボランチだけでなくサイドバックでも活躍できるユーティリティープレイヤー。

身体能力が高くスピードもあるDF。
空中戦でも強さを発揮する。

2位:佐々木 翔

移籍金市場価格
約1億3,000万円
前所属:ヴァンフォーレ甲府(~2014)
年齢:31歳
身長:176cm/体重70Kg
背番号:19番
ポジション:DF
推定年俸:4,400万円(対前年+900万円)

海外組が主体となる日本代表において、今なお招集され続けるDFの選手。

相手をしっかりハードマーク出来、守備の要として、キャプテンとしてチームを牽引する。

昨シーズンのパス本数、タックル数ではチーム内1位。

1位:森島 司

移籍金市場価格
約1億5,400万円
前所属:四日市中央工業高等学校(~2015)
年齢:24歳
身長:175cm/体重66Kg
背番号:10番
ポジション:MF
推定年俸:2,700万円(対前年+500万円)

昨シーズンから10番を背負いゲームをコントロールする司令塔。
昨シーズンはリーグ戦全試合に出場を果たした。

スピードあるドリブル、パスセンス、スペースを上手く使うサッカーセンス等ポテンシャルがかなり高い。

サンフレッチェ広島の顔としての活躍が期待される。

スポンサーリンク

他代表・クラブの記事を見たい方はこちら

クラブ別

関連記事

ここでは、各国リーグ毎の選手移籍金市場価格をまとめた記事を公開しております。見たいリーグから、チームを選択して見ていただければと思います!※この頁の情報はドイツサッカー情報サイトtransfermarktで得ている情報となり[…]

代表別

関連記事

ここでは、各国代表毎の選手移籍金市場価格をまとめた記事を公開しております。記事にないクラブに関しては、Twitter上等でご依頼いただければ作成致しますのでよろしくお願い致します!※この頁の情報は海外サッカー情報サイトtra[…]

2020年版サンフレッチェ広島推定移籍金市場価格

関連記事

この記事では2020年9月時点、J1リーグのサッカークラブサンフレッチェ広島所属選手の推定移籍金市場価格をランキング形式でまとめております!昨シーズンは6位とまずまずの結果で着地したサンフレッチェ広島。2020年シーズンは1[…]

まとめ


2021シーズンは28節を終え8勝12分8敗で勝ち点は36。
順位は11位となっております。

シーズン途中で中心選手であった川辺駿選手も海外へ移籍し戦力としては厳しい放出ではあったが、なんとか一つでも順位を上げたいところ。

3年連続一桁順位で終えているだけ、なんとか残り試合で勝ち点を積み重ねたい。

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!