2021年9月バルセロナ所属選手の移籍金市場価格ランキング

この記事では2021年9月時点スペインラリーガ、バルセロナ所属選手の推定移籍金市場価格をランキング形式でまとめております。

いろいろと欧州サッカー界を騒がせているバルセロナ。

今回のオフシーズンの一番のトピックスとしては、

メッシの移籍( ノД`)

FIFAやUEFAが定めるファイナンシャルフェアプレー以上に厳しい規制を設けているラリーガの条件をクリアすることが出来ず、メッシを選手登録することが出来ませんでした。

他選手に対しても給料の大幅削減しないといけなかった等、財政状況は芳しくありません。
この状況の中でシーズンを戦わなければならず、バルセロナにとって耐え忍ぶシーズンとなりそうです。

それでは、バルセロナ所属選手の推定移籍金市場価格をランキング形式でまとめていきますので是非最後までご覧ください。

この頁の情報は海外サッカーサイトtransfermarktを参考にしております。
※2021年9月20日時点
また、扱っている画像についてはご本人様やクラブ公式等、権利を有するTwitter投稿を引用させていただいております。
スポンサーリンク

バルセロナ所属選手推定移籍金市場価格ランキング

まずは11位から20位までの選手の一覧です。

pos./背番号選手名(年齢)国籍移籍金市場価格
11位DF/18ジョルディ・アルバ(32)スペイン約25億8,300万円
11位DF/24エリック・ガルシア(20)スペイン約25億8,300万円
13位FW/19セルヒオ・アグエロ(33)アルゼンチン約23億2,400万円
13位MF/20セルジ・ロベルト(29)スペイン約23億2,400万円
13位MF/6リキ・プッチ(22)スペイン約23億2,400万円
16位DF/22オスカル・ミンゲサ(22)スペイン約19億3,700万円
17位DF/3ジェラール・ピケ(34)スペイン約12億9,100万円
17位FW/17ルーク・デ・ヨング(31)オランダ約12億9,100万円
19位MF/5セルヒオ・ブスケツ(33)スペイン約11億6,200万円
19位FW/12マルティン・ブライスワイト(30)デンマーク約11億6,200万円

それでは、続いてトップ10の選手です!

9位:ロナルド・アラウホ

移籍金市場価格
約32億2,800万円
前所属:バルセロナB(~2019)
国籍:ウルグアイ
年齢:22歳
身長:188cm/体重79Kg
背番号:4番
ポジション:DF

2018年にウルグアイのクラブからバルセロナBへ移籍してきた。

センターバックの人員不足を受けてトップチームに招集されると非凡な才能を見せ、そのままトップチームに定着。

持ち味のスピードで後ろからでも追いつき、的確なボールへのタックルで相手チームの攻撃の芽を摘む。

9位:クレマン・ラングレ

移籍金市場価格
約32億2,800万円
前所属:セビージャ(~2018)
国籍:フランス
年齢:26歳
身長:186cm/体重81Kg
背番号:15番
ポジション:DF

バルセロナでピケとコンビを組むセンターバック。

DFとしての能力はもちろん、足下の技術や正確なキックも持ち味でビルドアップの起点となる。

スポンサーリンク

7位:セルジーニョ・デスト

移籍金市場価格
約38億7,400万円
前所属:アヤックス(~2020)
国籍:アメリカ合衆国
年齢:20歳
身長:175cm/体重62Kg
背番号:2番
ポジション:DF

2020年10月にバルセロナへ加入すると、加入後すぐに右サイドバックのレギュラーを掴み取った。

積極的なオーバーラップを見せ、サイドからの崩しでチャンスメイクする。

守備面では若干不安が残るか。

7位:フィリペ・コウチーニョ

移籍金市場価格
約38億7,400万円
前所属:リヴァプール(~2018)
国籍:ブラジル
年齢:29歳
身長:172cm/体重68Kg
背番号:14番
ポジション:MF

当時のクラブ最高額の移籍金でバルセロナに加入。

昨シーズンはクーマン監督の下で主力としての起用が期待されたが、シーズン通して怪我に悩まされた結果となってしまった。

常々放出候補として名前が挙がってしまっているが輝きを取り戻すことが出来るか?

6位:メンフィス・デパイ

移籍金市場価格
約57億7,800万円
前所属:オリンピック・リヨン(~2021)
国籍:オランダ
年齢:27歳
身長:176cm/体重78Kg
背番号:9番
ポジション:FW

今シーズンより加入。
プレシーズンから得点という結果を残す活躍を見せ、ラリーガ開幕後もチームの得点源としての活躍を見せる。

パワー溢れるシュート、個の力で局面を打開出来るようなドリブルスキル等高いスキルを随所で見せてくれる。

5位:ウスマン・デンベレ

移籍金市場価格
約64億2,100万円
前所属:ドルトムント(~2017)
国籍:フランス
年齢:24歳
身長:178cm/体重67Kg
背番号:7番
ポジション:FW

一瞬のスピードで相手を剥がし、あっという間にゴール前でボールを運ぶことが出来る。

また、見た目の細さからは想像できないような弾丸シュートを放てる。
但し、怪我が多すぎでありシーズン通してまともに戦えたところを見たことがない。

今シーズン開幕前も、EURO2020で怪我を負ってしまい戦線離脱中である。

スポンサーリンク

3位:アンス・ファティ

移籍金市場価格
約77億500万円
前所属:バルセロナユース(~2019)
国籍:スペイン
年齢:18歳
身長:178cm/体重66Kg
背番号:10番
ポジション:FW

メッシ以来の鮮烈なデビューを飾った逸材。
バルセロナでは16歳の時にトップでビューを果たした。

史上最年少ゴールを更新する等、各記録を塗り替えていった。

昨シーズンは怪我でほぼ1年棒に振ることとなってしまった。
近々復帰予定となっており、得点の悩まされるバルセロナの起爆剤となりたい。

下部組織にいた頃には久保建英とチームメイトだった。

3位:マルク=アンドレ・テア・シュテーゲン

移籍金市場価格
約77億500万円
前所属:ボルシアMG(~2014)
国籍:ドイツ
年齢:29歳
身長:189cm/体重85Kg
背番号:1番
ポジション:GK

バルセロナの正GK。

足下の技術もありパス精度が高いGKであり、ポゼッションを主とする戦い方のバルセロナには欠かせない。

シュートに対する反射神経も鋭く、1対1でも簡単にはやられない。

2位:ペドリ

移籍金市場価格
約102億7,500万円
前所属:ラス・パルマス(~2020)
国籍:スペイン
年齢:18歳
身長:174cm/体重60Kg
背番号:16番
ポジション:MF

この1年で市場価値を10倍以上に高めた選手。

所属のバルセロナだけでなく、スペインフル代表、U-24東京オリンピック代表とフル稼働。

プレー判断やオフザボール時のポジショニングや動き、ボールの扱い方の巧みさは既に10代のそれではなく、イニエスタも絶賛する。

1位:フレンキー・デ・ヨング

移籍金市場価格
約115億5,500万円
前所属:アヤックス(~2019)
国籍:オランダ
年齢:24歳
身長:180cm/体重74Kg
背番号:21番
ポジション:MF

この選手がピッチにいるかいないかで、安定感が丸っきり変わってくるほどの存在感を持ち、バルセロナの心臓といっても過言ではない。

センターバックからトップ下までのポジションをこなせるユーティリティーさも持ちあわせる。

サッカーセンス抜群の選手であり、パスやドリブル、シュート、DF技術等サッカーに必要とされる全てのスキルが世界トップレベル。

スポンサーリンク

他代表・クラブの記事を見たい方はこちら

クラブ別

関連記事

ここでは、各国リーグ毎の選手移籍金市場価格をまとめた記事を公開しております。見たいリーグから、チームを選択して見ていただければと思います!※この頁の情報はドイツサッカー情報サイトtransfermarktで得ている情報となり[…]

代表別

関連記事

ここでは、各国代表毎の選手移籍金市場価格をまとめた記事を公開しております。記事にないクラブに関しては、Twitter上等でご依頼いただければ作成致しますのでよろしくお願い致します!※この頁の情報は海外サッカー情報サイトtra[…]

2020年版バルセロナ所属選手推定移籍金市場価格

関連記事

この記事では2020年11月時点、スペインラリーガのFCバルセロナに所属する選手の推定移籍金市場価格をランキング形式でまとめております。2020-21シーズンスタート前、おそらくサッカー界を一番賑わせたであろうバルセロナ。メ[…]

まとめ


2021-22シーズンは非常に厳しいシーズンを送ることが予想されるバルセロナ。

直近のUEFAチャンピオンズリーグでは、バイエルン・ミュンヘンをホームに迎えて0-3。
枠内シュートを1本も打つことが出来ず、スペイン国内では世界で見た時にはスモールクラブであると揶揄されてしまいます。

しかし、このランキングには入っておりませんがニコ・ゴンザレス等期待される若手を下部組織から引き上げ、クラブの若返りを図ります。

メッシロスはまだ続きそうではありますが、アンス・ファティやアグエロを始めとした得点源として期待される選手が戻ってきた時のチームに期待したいと思います。

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!