2021年6月欧州から見たガンバ大阪所属選手推定移籍金市場価格

この記事では2021年6月時点、J1リーグガンバ大阪に所属する選手の推定移籍金市場価格をランキング形式でまとめております。

昨シーズンはリーグ戦2位という素晴らしい結果を残しACLへの切符を掴み取ったガンバ大阪。

迎えた2021年シーズン、開幕後に新型コロナウィルスの影響により数試合の試合停止となり再開したあとから不調が続き記事作成時点で16位。

降格争いを繰り広げる順位での前半戦となりました。

宮本恒靖監督が5月に解任され、新たに松波正信監督体制となりましたがここから立て直すことが出来るか注目です。

それでは、ガンバ大阪所属選手の推定移籍金市場価格をまとめていきますので是非最後までご覧ください!

この頁の情報は海外サッカーサイトtransfermarktを参考にしております。
※2021年6月19日時点
また、扱っている画像についてはご本人様やクラブ公式等、権利を有するTwitter投稿を引用させていただいております。




ガンバ大阪所属選手推定移籍金市場価格ランキング

それでは、まずは11位から20位までの選手の一覧です。

pos./背番号選手名(年齢)推定年俸推定移籍金市場価格
13位FW/32チアゴ・アウベス(28)5,800万円(対前年+2,300万円)約7,800万円
13位DF/4藤春 廣輝(32)4,700万円(対前年+200万円)約7,800万円
13位MF/14福田 湧矢(22)1,100万円(対前年+250万円)約7,800万円
13位DF/27髙尾 瑠(24)1,500万円(対前年+500万円)約7,800万円
17位MF/6チュ・セジョン(30)7,000万円(対前年不明)約7,100万円
18位MF/11小野 裕二(28)2,600万円(対前年+200万円)約6,500万円
18位MF/21矢島 慎也(27)4,000万円(対前年+200万円)約6,500万円
18位MF/29山本 悠樹(23)1,600万円(対前年1,140万円)約6,500万円

続いてトップ10の選手です!

10位:井手口 陽介

移籍金市場価格
約1億400万円
前所属:リーズ・ユナイテッド(~2019)
年齢:24歳
身長:171cm/体重71Kg
背番号:15番
ポジション:MF
推定年俸:5,700万円(対前年+400万円)

ガンバ大阪ユース出身。

イングランドの2018年にリーズ・ユナイテッドに移籍。
期限付き移籍でいくつかのクラブを渡り歩き2019年にガンバ大阪復帰。

ボランチ、インサイドハーフといった役割で出場機会を掴み定位置を確保。
タックル数、インターセプト数は2020年シーズンのクラブ1位であり、ハードワークをこなしチームに貢献。

10位:小野瀬 康介

移籍金市場価格
約1億400万円
前所属:レノファ山口(~2018)
年齢:28歳
身長:176cm/体重65Kg
背番号:8番
ポジション:MF
推定年俸:4,500万円(対前年+300万円)

ガンバ大阪右サイドの主軸として活躍。

昨シーズンのクロス供給数はチーム1位、成功率も30%と高い数値を残しておりチャンスメイクといった仕事をこなす。

献身的なディフェンスもしっかりおこない攻守に渡って貢献を見せる。

10位:キム・ヨングォン

移籍金市場価格
約1億400万円
前所属:広州恒大(~2018)
国籍:韓国
年齢:31歳
身長:187cm/体重75Kg
背番号:19番
ポジション:DF
推定年俸:9,000万円(対前年+700万円)

ガンバ大阪所属3年目を迎えるセンターバック。

学生時代にはフットサルも経験。
足元の技術がしっかりしているのはその経験も活きている。

クレバーな守備を見せてくれるDFラインの要。



6位:パトリック

移籍金市場価格
約1億1,700万円
前所属:サンフレッチェ広島(~2019)
国籍:ブラジル
年齢:33歳
身長:189cm/体重82Kg
背番号:18番
ポジション:FW
推定年俸:6,700万円(対前年+700万円)

2020年は9ゴールという結果を残しチーム内得点王となった。

昨シーズン後半に定位置を確保し、今シーズンもコンスタントに起用され続ける。

6位:ウェリントン・シウバ

移籍金市場価格
約1億1,700万円
前所属:フルミネンセ(~2021)
国籍:ブラジル
年齢:28歳
身長:173cm/体重不明
背番号:28番
ポジション:MF
推定年俸:不明

2011年にはイングランドプレミアリーグのアーセナルに加入。
その後スペインリーグ、ブラジルリーグで経験を積み2021年ガンバ大阪に移籍。

6位:東口 順昭

移籍金市場価格
約1億1,700万円
前所属:アルビレックス新潟(~2013)
年齢:35歳
身長:184cm/体重78Kg
背番号:1番
ポジション:GK
推定年俸:8,500万円(対前年+200万円)

ガンバ大阪移籍後から、今日に至るまでガンバ大阪の正GKに君臨し続ける。

正確なシュートストップは今なお、磨きがかかっていると見受けられる。

チーム最年長のベテランGK。

6位:倉田 秋

移籍金市場価格
約1億1,700万円
前所属:ガンバ大阪ユース(~2006)
年齢:32歳
身長:172cm/体重68Kg
背番号:10番
ポジション:MF
推定年俸:5,800万円(対前年▲200万円)

途中期限付き移籍もあったが、ガンバ大阪在籍はチーム最長となる13年目を迎える。

昨シーズンはGKの東口選手を除き、フィールドプレイヤーでは唯一リーグ戦全試合に出場する程の信頼。

巧みなパス、ドリブルでボールを前線につなぎゲームをコントロールする。
ガンバ大阪の背番号10。



5位:レアンドロ・ペレイラ

移籍金市場価格
約1億2,400万円
前所属:サンフレッチェ広島(~2020)
国籍:ブラジル
年齢:29歳
身長:190cm/体重76Kg
背番号:9番
ポジション:FW
推定年俸:1億5,000万円(対前年+9,000万円)

左右両方の脚から鋭いシュートを放つことが出来るストライカー。

昨シーズンはサンフレッチェ広島で最多となる15ゴールの活躍。

移籍後第17節の横浜FC戦で移籍後初ゴールを含む2ゴール。

ここからのゴール量産が期待される。

4位:一美 和成

移籍金市場価格
約1億3,000万円
前所属:大津高等学校(~2015)
年齢:23歳
身長:181cm/体重77Kg
背番号:20番
ポジション:FW
推定年俸:2,400万円(対前年+800万円)

ガンバ大阪から、京都サンガ・横浜FCへ期限付き移籍で武者修行の旅に出て今シーズン戻ってきた。

この2年で大きな成長を遂げ、東京オリンピック日本代表候補となった。

ガンバ大阪復帰後チャンスは与えられており、結果を出し続けて定位置を奪取したい。

3位:三浦 弦太

移籍金市場価格
約1億4,300万円
前所属:清水エスパルス(~2016)
年齢:26歳
身長:183cm/体重77Kg
背番号:5番
ポジション:DF
推定年俸:5,700万円(対前年+900万円)

昨シーズンは怪我の影響もあり、移籍後最少の試合出場数となった。

3バックシステムでも4バックシステムでも対応出来る万能なセンターバック。

ゲームキャプテンも務めておりメンタル面でのチームの主柱となる。

2位:宇佐美 貴史

移籍金市場価格
約1億5,600万円
前所属:アウクスブルク(~2019)
年齢:29歳
身長:178cm/体重69Kg
背番号:39番
ポジション:FW
推定年俸:8,800万円(対前年±0円)

抜群のサッカーセンスでボールの扱いが非常に上手い。

ドリブル、パス、シュート、どのプレイでも高度なテクニックを見せてくれる。

試合を決定付けるようなプレイ、ゴールで度々チームを救ってきた。

ドイツの名門バイエルン・ミュンヘンの一員としてプレイした経験有。



1位:昌子 源

移籍金市場価格
約2億6,100万円
前所属:トゥールーズ(~2020)
年齢:28歳
身長:182cm/体重76Kg
背番号:3番
ポジション:DF
推定年俸:8,800万円(対前年+300万円)

2018年ロシア杯で世界の注目を浴びフランスに移籍。

2020年2月にガンバ大阪に移籍しJリーグに復帰。

フィジカル、スピードに優れカバーリングや泥臭い対人守備等最終ラインの頼もしい存在。

J復帰後日本代表にも選出され、代表定着も目指したい。

他代表・クラブの記事を見たい方はこちら

クラブ別

関連記事

ここでは、各国リーグ毎の選手移籍金市場価格をまとめた記事を公開しております。見たいリーグから、チームを選択して見ていただければと思います!※この頁の情報はドイツサッカー情報サイトtransfermarktで得ている情報となり[…]

代表別

関連記事

ここでは、各国代表毎の選手移籍金市場価格をまとめた記事を公開しております。記事にないクラブに関しては、Twitter上等でご依頼いただければ作成致しますのでよろしくお願い致します!※この頁の情報は海外サッカー情報サイトtra[…]

2020年版ガンバ大阪推定移籍金市場価格

関連記事

この記事では2020年11月時点、J1リーグガンバ大阪に所属する選手の推定移籍金市場価格をランキング形式でまとめております!2019年シーズンは無冠の7位となったガンバ大阪。宮本恒靖監督3年目の今シーズンの目標はタイトル獲得[…]

まとめ


今シーズンはレアンドロ・ペレイラ、チアゴ・アウベス、一美一成とJリーグで結果を出してきた攻撃陣を補強し臨んだシーズンでしたが、現時点では15試合7得点と結果には結びついておりません。

これからACLも始まり難しい試合日程となってきますが、どのようなターンオーバーで戦ってくるでしょうか?

所属選手はタレントが揃っているので新監督体制で歯車がかみ合い復活することに期待したい。



最新情報をチェックしよう!