2021年2月ラツィオ所属選手の移籍金市場価格ランキング

この記事では2021年2月時点、イタリアセリエAのラツィオに所属する選手の移籍金市場価格をランキング形式でまとめております。

記事作成時点から数えて次週、世界王者バイエルン・ミュンヘンとCLラウンド16を戦うラツィオ。

指揮を執る監督はシモーネ・インザーギ。
ACミランに所属していたフィリッポ・インザーギ氏の実弟になります。

この指揮官に対しての評価は高く、昨シーズンは4位で13季振りにチャンピオンズリーグ出場権を獲得。
そのCLではグループステージを突破し現時点でベスト4。

今シーズンのリーグ戦では23節を終えて4位と悪くない位置につけております。

そんな、ラツィオに所属する選手の推定移籍金市場価格をまとめていきますので、是非最後までご覧ください!

この頁の情報は海外サッカーサイトtransfermarktを参考にしております。
※2021年2月21日時点
また、扱っている画像についてはご本人様やクラブ公式等、権利を有するTwitter投稿を引用させていただいております。




ラツィオ所属選手推定移籍金市場価格ランキング

それでは、まずは11位から20位までの選手の一覧です。

pos./背番号選手名(年齢)国籍移籍金市場価格
11位DF/4パトリシオ・ガバロン(27)スペイン約11億5,000万円
12位DF/77アダム・マルシッチ(28)モンテネグロ約8億9,500万円
13位MF/96モハメド・ファレス(25)アルジェリア約8億3,100万円
14位DF/14ヴェスレイ・フート(26)オランダ約7億6,600万円
15位FW/20フェリペ・カイセド(32)エクアドル約6億3,900万円
16位DF/37マテオ・ムサッキオ(30)アルゼンチン約5億7,500万円
17位MF/6ルーカス・レイヴァ(34)ブラジル約5億1,100万円
18位MF/92ジャン=ダニエル・アクパ・アクプロ(28)コートジボワール約4億4,700万円
19位MF/18ゴンサロ・エスカランテ(27)アルゼンチン約4億800万円
20位MF/32ダニロ・カタルディ(26)イタリア約3億8,300万円

それでは続いてトップ10の選手です!

10位:アンドレアス・ペレイラ

移籍金市場価格
約12億7,800万円
前所属:マンチェスター・ユナイテッドからレンタル移籍中
国籍:ブラジル
年齢:25歳
身長:177cm/体重70Kg
背番号:7番
ポジション:MF

2020年10月から加入。

試合を組み立てられるタイプのMFでテクニックにも優れる。

マンチェスター・ユナイテッドの下部組織出身で当時のファーガソン監督も惚れ込む才能。

9位:フランチェスコ・アチェルビ

移籍金市場価格
約16億6,200万円
前所属:サッスオーロ(~2018)
国籍:イタリア
年齢:21歳
身長:193cm/体重90Kg
背番号:33番
ポジション:DF

インザーギ監督の信頼を得て加入後からディフェンスリーダーとして活躍するCB。

利き足である左から放たれるパスは性格。

危機を察知し良いポジショニングからのインターセプトを度々見せる。



8位:ベダト・ムリキ

移籍金市場価格
約21億7,200万円
前所属:フェネルバフチェ(~2020)
国籍:コソボ
年齢:26歳
身長:194cm/体重92Kg
背番号:94番
ポジション:FW

トルコのフェネルバフチェから2020年9月に加入し、今シーズンラツィオ1年目。

フェネルバフチェでは得点源として、直近2シーズン連続15ゴール超えの記録を残している。

ダイナミックなプレーが特徴だが、気性も荒く昨シーズンは2度の退場処分を受けた。

7位:マヌエル・ラッツァーリ

移籍金市場価格
約23億100万円
前所属:SPAL(~2019)
国籍:イタリア
年齢:27歳
身長:174cm/体重67Kg
背番号:29番
ポジション:MF

スピードを武器に右サイドから攻撃を仕掛ける右ウィングバック。

18-19シーズンには当時所属のSPALで9アシストを記録しており、そのラストパスの精度も伺える。

6位:トーマス:ストラコシャ

移籍金市場価格
約25億5,700万円
前所属:ラツィオユース(~2012)
国籍:アルバニア
年齢:25歳
身長:193cm/体重80Kg
背番号:1番
ポジション:GK

昨シーズンまでラツィオの正GKとして君臨するも、今季は怪我の影響もあってか不調となっており放出も噂される。

今季は現時点で公式戦8試合の出場に留まっている。

5位:ルイス・フェリペ

移籍金市場価格
約28億1,300万円
前所属:イトゥアーノFC(~2016)
国籍:ブラジル
年齢:23歳
身長:187cm/体重80Kg
背番号:3番
ポジション:DF

東京オリンピックのU-23ブラジル代表。

ラツィオに素晴らしいパフォーマンスを見せており自身の価値も高騰。
現在は怪我で離脱しており復帰は3月になると見込まれている。

センターバック不足のバルセロナが興味を持つ。



4位:ホアキン・コレア

移籍金市場価格
約38億3,600万円
前所属:セビージャ(~2018)
国籍:アルゼンチン
年齢:26歳
身長:188cm/体重75Kg
背番号:11番
ポジション:MF

FWとしても中盤としてもプレー可能。

チームを意識した選択が出来、緩急をつけた動きが上手く攻撃にアクセントを加える。

昨シーズンはリーグ戦9ゴール。

3位:チーロ・インモービレ

移籍金市場価格
約57億5,400万円
前所属:セビージャ(~2016)
国籍:イタリア
年齢:31歳
身長:183cm/体重85Kg
背番号:17番
ポジション:FW

昨シーズンはイグアインの持つセリエA最多得点記録に並ぶ36ゴールを叩き出したラツィオの絶対的なエースストライカー。

フリーランニングの質も高く、動き出しのタイミングも良く容赦なく相手最終ラインの裏を取る。

ラツィオに加入してからの4シーズンでリーグ戦103ゴールを決めており、今季もゴールを積み重ねる。

2位:ルイス・アルベルト

移籍金市場価格
約63億8,900万円
前所属:リヴァプール(~2016)
国籍:スペイン
年齢:28歳
身長:182cm/体重70Kg
背番号:10番
ポジション:MF

昨シーズンは6ゴール15アシストと、インモービレの爆発的活躍を支えた。

魔法使いと称される程のテクニックを持ち、セリエA最高の司令塔とも呼び声高い。

相手のプレッシャーが厳しいエリアでもしっかり前を向きプレー出来る技術は流石。



1位:セルゲイ・ミリンコヴィッチ=サヴィッチ

移籍金市場価格
約89億4,400万円
前所属:ヘンク(~2015)
国籍:セルビア
年齢:25歳
身長:192cm/体重76Kg
背番号:21番
ポジション:MF

移籍市場では常にビッグクラブからの注目を集める。

自身の得点力もあり、その長身やリーチを活かしたボール奪取、そして繊細なタッチでのボールコントロールも出来る。

攻撃だけでなくバランスを見て中盤の低い位置からの起点にもなれる等の万能型MF。

他代表・クラブの記事を見たい方はこちら

クラブ別

関連記事

ここでは、各国リーグ毎の選手移籍金市場価格をまとめた記事を公開しております。見たいリーグから、チームを選択して見ていただければと思います!※この頁の情報はドイツサッカー情報サイトtransfermarktで得ている情報となり[…]

代表別

関連記事

ここでは、各国代表毎の選手移籍金市場価格をまとめた記事を公開しております。記事にないクラブに関しては、Twitter上等でご依頼いただければ作成致しますのでよろしくお願い致します!※この頁の情報は海外サッカー情報サイトtra[…]

まとめ


シーズン開始前には主力の流出を阻止し、ピンポイントで補強をおこなう等リーグ戦とチャンピオンズリーグを戦い抜く組織作りをしっかりおこなったラツィオ。

ラツィオの最大の注目の試合は、やはりCLラウンド16のバイエルンミュンヘン戦。

昨シーズン、コロナの影響によるリーグ戦中断前にはユヴェントスと優勝争いを見せた古豪の快進撃を期待します!



最新情報をチェックしよう!