2020年11月バルセロナ所属選手推定移籍金市場価格トップ10

この記事では2020年11月時点、スペインラリーガのFCバルセロナに所属する選手の推定移籍金市場価格をランキング形式でまとめております。

2020-21シーズンスタート前、おそらくサッカー界を一番賑わせたであろうバルセロナ。

メッシ移籍報道、そしてスアレスを始めとしてクラブを長く支えてきたベテラン選手の複数放出。

昨シーズン無冠に終わったバルセロナはキケ・セティエンを解任。
新たにクーマン監督を迎え、大きな改革を図ります。

将来有望な若手選手を数多く獲得しシーズンをスタートさせましたが、チーム若返りをスムーズに成し遂げることが出来るのか監督の手腕に期待がかかります!

そんなバルセロナ所属選手の推定移籍金市場価格をランキング形式でまとめていきますので是非最後までご覧ください!

この頁の情報は海外サッカーサイトtransfermarktを参考にしております。
※2020年11月23日時点
また、扱っている画像についてはご本人様やクラブ公式等、権利を有するTwitter投稿を引用させていただいております。




バルセロナ所属選手推定移籍金市場価格ランキング

それではまずは11位から20位までの選手の一覧です。

pos./背番号選手名(年齢)国籍移籍金市場価格
12位MF/12リキ・プッチ(21)スペイン約30億9,800万円
13位DF/20セルジ・ロベルト(28)スペイン約24億7,900万円
13位DF/23サミュエル・ユムティティ(27)フランス約24億7,900万円
13位DF/2セルジーノ・デスト(20)アメリカ合衆国約24億7,900万円
16位MF/6カルレス・アレニャ(22)スペイン約22億3,100万円
17位DF/3ジェラール・ピケ(33)スペイン約18億5,900万円
17位MF/5セルヒオ・ブスケツ(32)スペイン約18億5,900万円
17位DF/4ロナルド・アラウージョ(21)ウルグアイ約18億5,900万円
17位MF/16ペドリ(17)スペイン約18億5,900万円
21位DF/24ジュニオル・フィルポ(24)スペイン約17億3,400万円

管理人である私の推しであるリキ・プッチが昨年1,000万€から2,500万€まで価値を上げており嬉しい限りです!
あとは試合で使われさえすれば…

セルジーノ・デスト、ペドリの2選手は開幕前の補強で獲得した選手となります。
両選手とも主力として活躍しつつありますね!

それでは続いてトップ10です!

10位:フランシスコ・トリンコン

移籍金市場価格
約36億9,500万円
前所属:SCブラガ(~2020)
国籍:ポルトガル
年齢:20歳
身長:184cm/体重70Kg
背番号:17番
ポジション:FW

2020年バルセロナと5年契約を結んだ、今季最も期待される若手補強選手の一人。

昨シーズンはポルトガルリーグのブラガで8得点6アシストと質の高いプレーを見せつけた。

バルセロナでは途中出場が多く、まずはスタメン定着が課題となる。

10位:ジョルディ・アルバ

移籍金市場価格
約36億9,500万円
前所属:バレンシア(~2012)
国籍:スペイン
年齢:31歳
身長:170cm/体重68Kg
背番号:18番
ポジション:DF

長くバルセロナの左サイドバックに君臨する超攻撃的SB。
現在ジョルディ・アルバの代わりに同レベル以上のパフォーマンスを出せる選手はバルセロナにはいない。

昨シーズンのクロス供給数はメッシに次ぐチーム2位であり多くのチャンスを生み出す。

メッシを理解する最高のパートナー。



7位:ウスマン・デンベレ

移籍金市場価格
約61億5,800万円
前所属:ドルトムント(~2017)
国籍:フランス
年齢:23歳
身長:178cm/体重67Kg
背番号:11番
ポジション:FW

バルセロナに移籍してからは怪我、乱れた私生活等悪いニュースが目立つ。
復帰しては怪我、の連続でまだ実力を見せ切ってはいない。

コンディションさえ最高であれば爆発的なスピード、速度の落ちないドリブル、高いシュート精度を見せてくれる。

7位:クレマン・ラングレ

移籍金市場価格
約61億5,800万円
前所属:セビージャ(~2018)
国籍:フランス
年齢:25歳
身長:186cm/体重81Kg
背番号:15番
ポジション:DF

ピケの相棒として最終ラインを守るセンターバック。

カバーリングが上手く優れた判断力で空いたスペースを瞬時に埋める。

セットプレイでは前線に上がり空中戦でのターゲットとなる。

7位:ミラレム・ピャニッチ

移籍金市場価格
約61億5,800万円
前所属:ユヴェントス(~2020)
国籍:ボスニア・ヘルツェゴビナ
年齢:30歳
身長:178cm/体重72Kg
背番号:8番
ポジション:MF

アルトゥールとのトレードによりユヴェントスより加入した。
ピャニッチは悪くないが、このトレードには納得していないクレが多い。

ポジションはブスケツと被るが、元々は前線の選手だったため、より攻撃的なプレーを得意とする。

長短共に正確なパスを出し、プレースキックも蹴ることが出来る。

6位:フィリペ・コウチーニョ

移籍金市場価格
約73億9,000万円
前所属:リヴァプール(~2018)
国籍:ブラジル
年齢:28歳
身長:172cm/体重68Kg
背番号:14番
ポジション:FW

1年間のバイエルン・ミュンヘンへのレンタル移籍を経て大きく成長してバルセロナに帰ってきた。
課題であったフィジカルも、レンタル前からは身体も一回り大きくなり改善。

移籍前、ウィングでの起用が多かったがクーマン政権ではトップ下のポジションで起用されゲームメイクという役割を担う。

5位:フレンキー・デ・ヨング

移籍金市場価格
約86億2,200万円
前所属:アヤックス(~2019)
国籍:オランダ
年齢:23歳
身長:180cm/体重74Kg
背番号:21番
ポジション:MF

足元のテクニックに優れ、高いボールキープ力を有する。

オランダ人選手としてはファン・ダイクに次ぐ史上2番目の高額移籍でバルセロナに加入し初年度からレギュラーを勝ち取った。

バルベルデ、セティエン、クーマンとこの1年で監督が代わっているがどの監督の元でもその実力を認められ起用されている。



4位:マルク=アンドレ・テア・シュテーゲン

移籍金市場価格
約92億3,800万円
前所属:ボルシアMG(~2014)
国籍:ドイツ
年齢:28歳
身長:187cm/体重85Kg
背番号:1番
ポジション:GK

バルセロナの正GK。

ポジショニングはもちろん、反応速度にも優れ何度も際どいシュートを止めバルセロナのピンチを救ってきた。

ドイツ代表では、ノイアーではなくテア・シュテーゲンを正GKに推す声も少なくない。

2位:アントワーヌ・グリーズマン

移籍金市場価格
約98億5,400万円
前所属:アトレティコ・マドリード(~2019)
国籍:フランス
年齢:29歳
身長:176cm/体重73Kg
背番号:7番
ポジション:FW

昨シーズン移籍初年度は、本来のポジションではないウィングを任され苦戦。
ゴールも遠のき2011-12シーズン以来の一桁得点に終わった。(9ゴール)

しかし守備も献身的におこなう姿勢は好印象。
ピッチ内を広く動き回り攻守に渡って貢献。

あとはゴール数さえ伸びれば、というところでしょう。

2位:アンス・ファティ

移籍金市場価格
約98億5,400万円
前所属:バルセロナユース(~2019)
国籍:スペイン
年齢:18歳
身長:178cm/体重66Kg
背番号:22番
ポジション:FW

史上2番目の若さでトップチームデビューを果たした神童。
バルベルデ政権の下、その才能を見出され16歳と298日でデビュー。

すると16歳と304日でクラブ史上最年少ゴールを叩き出す。
バルセロナ下部組織からの鮮烈なデビューはメッシ以来の衝撃。

昨年は市場価値がついていなかったがデビューから僅か1年で100億に。
なお、違約金は4億ユーロ(約500億)に設定されておりバルセロナは彼を手放す気は一切ない。



1位:リオネル・メッシ

移籍金市場価格
約123億4,500万円
前所属:バルセロナユース(~2003)
国籍:アルゼンチン
年齢:33歳
身長:170cm/体重72Kg
背番号:10番
ポジション:FW

言わずと知れたサッカー史上最高の選手。

グアルディオラ監督には、「彼ほど飛びぬけた才能の前には戦術など関係ない。」と言わせる程。

チームにも数々のタイトルをもたらし、個人でも史上最多となる6回のバロンドールを始めとし多くの賞を受賞。

しかし、今シーズン開始前にクラブへの不信感からの移籍報道で世界のサッカー界に衝撃を与えた。
7億ユーロ(約860億円)もの違約金の設定があり、かつそれに対して愛するクラブと法廷で争うことはしたくないといったことから今季は残留に至った。

今シーズン、なかなかトップコンディションで戦えていないように見受けられる。

他代表・クラブの記事を見たい方はこちら

クラブ別

関連記事

ここでは、各国リーグ毎の選手移籍金市場価格をまとめた記事を公開しております。見たいリーグから、チームを選択して見ていただければと思います!※この頁の情報はドイツサッカー情報サイトtransfermarktで得ている情報となり[…]

代表別

関連記事

ここでは、各国代表毎の選手移籍金市場価格をまとめた記事を公開しております。記事にないクラブに関しては、Twitter上等でご依頼いただければ作成致しますのでよろしくお願い致します!※この頁の情報は海外サッカー情報サイトtra[…]

2019年版バルセロナ所属選手推定移籍金市場価格

関連記事

昨日僕が応援しているコンサドーレ札幌のヨーロッパから見た移籍金市場価格ランキングを投稿しました。2019年8月時点欧州から見たコンサドーレ札幌市場価格トップ10本日は、同じ内容でFCバルセロナの選手の2019年8月21日(水)時[…]

2021年版バルセロナ所属選手推定移籍金市場価格

関連記事

この記事では2021年9月時点スペインラリーガ、バルセロナ所属選手の推定移籍金市場価格をランキング形式でまとめております。いろいろと欧州サッカー界を騒がせているバルセロナ。今回のオフシーズンの一番のトピックスとしては、[…]

まとめ


チームとしての転換期を迎えているバルセロナ。

バルトメウ会長も去りフロントも新たに生まれ変わろうとしております。

しかし、ラリーガ内での成績は奮わず8試合を終えて12位と落ち込んだ位置。
メンバーも大きく変わりクーマン監督も難しい仕事を任されているのは理解しておりますが、バルセロナというクラブは勝利しなければならないチーム。

今季も無冠で終わるわけには絶対にいきません。

4-2-3-1という新たなポジション、新たな若手メンバーとの融合を早急に成し遂げ常勝軍団として復活を果たすことを祈ります。



最新情報をチェックしよう!