2020年9月欧州から見た名古屋グランパス所属選手推定移籍金市場価格トップ10

この記事では2020年9月時点、J1リーグ名古屋グランパスに所属する選手の推定移籍金市場価格をランキング形式でまとめております!

2020年シーズンも13節を終え4位につけている名古屋グランパス。

昨シーズン13位で終えたクラブでしたが、昨シーズン途中で交代したマッシモ・フィッカデンティ監督の下序盤戦を良い形で戦い抜いております。

今季は数字にも表れている通り、非常に硬いディフェンス。
失点数はリーグ最少となっており、首位を独走する川崎フロンターレに対し今季初黒星を与えました!

そんな名古屋グランパスに所属する選手の推定移籍金市場価格をまとめていきますので、是非最後までご覧ください!

この頁の情報は海外サッカーサイトtransfermarktを参考にしております。
※2020年9月9日時点
また、扱っている画像についてはご本人様やクラブ公式等、権利を有するTwitter投稿を引用させていただいております。

なお、この記事作成時点では新型コロナウィルスの影響もあり世界中の全クラブの選手の市場価格が落ちておりますので通常時よりも低い傾向となっています。



名古屋グランパス所属選手推定移籍金市場価格ランキング

まずは11位から20位までの選手の一覧です。

pos./背番号選手名(年齢)推定年俸推定移籍金市場価格
12位GK/1ミチェル・ランゲラック(32)1億2,000万円約8,100万円
12位DF/3丸山 祐市(31)4,200万円約8,100万円
12位FW/17山﨑 凌吾(27)2,700万円約8,100万円
12位FW/16マテウス(25)6,000万円約8,100万円
16位MF/2米本 拓司(29)3,600万円約6,900万円
17位MF/9長谷川 アーリアジャスール(31)3,800万円約5,000万円
17位MF/19青木 亮太(24)1,300万円約5,000万円
17位FW/27相馬 勇紀(23)1,100万円約5,000万円
20位DF/5千葉 和彦(35)3,700万円約3,700万円

続いてトップ10の選手です!

10位:オ・ジェソク

移籍金市場価格
約9,000万円
前所属:ガンバ大阪(~2020)
国籍:韓国
年齢:30歳
身長:178cm/体重74Kg
背番号:34番
ポジション:DF
推定年俸:3,700万円

2020シーズン途中の7月9日に名古屋グランパスに完全移籍。

高校時代から韓国世代別代表にも選出され、2012年のロンドンオリンピックでは韓国代表銅メダル獲得メンバーとなり兵役免除となる。

ポジションは右サイドバック。

10位:吉田 豊

移籍金市場価格
約9,000万円
前所属:サガン鳥栖(~2018)
年齢:30歳
身長:168cm/体重70Kg
背番号:23番
ポジション:DF
推定年俸:4,000万円

Jリーグ屈指の左サイドバック。

豊富な運動量から1試合の中で何度もオーバーラップを繰り返し、試合終盤までパワフルな守備を見せる。

8位:稲垣 祥

移籍金市場価格
約1億円
前所属:サンフレッチェ広島(~2019)
年齢:28歳
身長:175cm/体重72Kg
背番号:15番
ポジション:MF
推定年俸:2,800万円

無尽蔵のスタミナでハードワークをこなし、1試合13Kmもの走行距離を記録することも。

昨シーズン、対大分戦では80本以上のパスを出しパス成功率100%を記録した。

8位:宮原 和也

移籍金市場価格
約1億円
前所属:サンフレッチェ広島(~2018)
年齢:24歳
身長:172cm/体重67Kg
背番号:6番
ポジション:DF
推定年俸:2,500万円

右サイドバックの選手だがセンターバックで起用されることも。

しっかりとした対人守備だけでなく、長所であるスピードを最大限活かし前線の攻撃をサポート出来る。



7位:太田 宏介

移籍金市場価格
約1億1,200万円
前所属:FC東京
年齢:33歳
身長:179cm/体重78Kg
背番号:36番
ポジション:DF
推定年俸:4,900万円

左利きの選手でポジションはサイドバック。

2016-17シーズンにはオランダ1部リーグのフィテッセでもプレイしており経験豊富なベテランプレイヤー。

5位:中谷 進之介

移籍金市場価格
約1億1,800万円
前所属:柏レイソル(~2018)
年齢:24歳
身長:184cm/体重79Kg
背番号:4番
ポジション:DF
推定年俸:3,000万円

昨シーズン、名古屋グランパスで唯一リーグ戦全試合フル出場となった若きセンターバック。

各年代の日本代表としても選出されており、今後もプレーの成長が期待される。

5位:前田 直輝

移籍金市場価格
約1億1,800万円
前所属:松本山雅FC(~2018)
年齢:25歳
身長:175cm/体重66Kg
背番号:25番
ポジション:FW
推定年俸:3,700万円

昨シーズン、リーグ戦9得点、ルヴァンカップ1得点でチームトップとなる合計10得点を記録。

トップスピードでのドリブルでもしっかりボールをコントロールするテクニックがある。
今シーズン第9節の対浦和レッズ戦ではプロ初となるハットトリックを決め1試合4得点を叩き出した。

4位:ジョアン・シミッチ

移籍金市場価格
約1億2,400万円
前所属:アタランタ(~2019)
国籍:ブラジル
年齢:27歳
身長:183cm/体重82Kg
背番号:8番
ポジション:MF
推定年俸:9,000万円

元U-21ブラジル代表。
Jリーグ挑戦初年度は32試合出場2ゴール2アシスト。

一撃必殺になりえるスルーパスを出すことが出来る視野の広さと判断力、テクニックがあり、今シーズンもレギュラーとして名古屋の好調を支えている。



3位:金崎 夢生

移籍金市場価格
約1億4,900万円
前所属:サガン鳥栖からレンタル移籍中
年齢:31歳
身長:180cm/体重70Kg
背番号:44番
ポジション:FW
推定年俸:7,200万円

昨シーズンはサガン鳥栖でフェルナンド・トーレスと2トップを組みJ1残留に貢献。

スマートなゴール、テクニックが光るゴールだけでなく、何が何でも決めるという貪欲な姿勢が見られるゴールもあり、がむしゃらに点数を追い求める。
名古屋にいなかったタイプのストライカーなので、攻撃に厚みが加わった。

1位:ガブリエル・シャビエル

移籍金市場価格
約1億7,400万円
前所属:クルゼイロ(~2018)
国籍:ブラジル
年齢:27歳
身長:170cm/体重68Kg
背番号:10番
ポジション:FW
推定年俸:1億1,000万円

特別スピードがあるという風には見えないが、キレとテクニックあるドリブルでボールを運ぶ。
ボディバランスに優れ軽く身体を当てて相手を置き去りにするプレイ、柔らかいタッチで抜き去るようなプレイが数多く見られる。

タイミングを外したパスも見事で得点に絡むプレイを量産。

1位:阿部 浩之

移籍金市場価格
約1億7,400万円
前所属:川崎フロンターレ(~2019)
年齢:31歳
身長:170cm/体重69Kg
背番号:11番
ポジション:MF
推定年俸:5,800万円

川崎フロンターレから今シーズン完全移籍で加入し、開幕戦で移籍後初ゴールを決めて見せた。

積極的なドリブル突破や強烈なミドルシュートが持ち味で攻撃的なポジションであれば様々なポジションでプレイする。
これまでガンバ大阪、川崎フロンターレで計10個ものタイトルを獲得しており王者のメンタルを名古屋に加える。

他代表・クラブの記事を見たい方はこちら

クラブ別

関連記事

ここでは、各国リーグ毎の選手移籍金市場価格をまとめた記事を公開しております。見たいリーグから、チームを選択して見ていただければと思います!※この頁の情報はドイツサッカー情報サイトtransfermarktで得ている情報となり[…]

代表別

関連記事

ここでは、各国代表毎の選手移籍金市場価格をまとめた記事を公開しております。記事にないクラブに関しては、Twitter上等でご依頼いただければ作成致しますのでよろしくお願い致します!※この頁の情報は海外サッカー情報サイトtra[…]

2019年版名古屋グランパス移籍金市場価格ランキング

関連記事

この記事では、欧州から見た、J1リーグ名古屋グランパスに所属する選手の移籍金市場価格についてまとめております!今シーズンの名古屋グランパスの大きなトピックスとしては、やはり風間監督の解任でしょうか。17年にクラブ初のJ2降格[…]

まとめ


これまでの大きな得点源であったジョーが契約解除となってまだ日は浅いが新たに加わった選手と継続された選手がしっかり融合し、まだタイトルにも手が届く位置につけております。

来季のACL出場権も狙っているフィッカデンティ監督ですが、このペースをしっかり維持出来れば最終的に上位争いに食い込みそうです。



最新情報をチェックしよう!