2020年8月パリ・サンジェルマン所属選手推定移籍金市場価格トップ10

この記事では2020年8月時点、フランスリーグ・アンのパリ・サンジェルマンに所属する選手の推定移籍金市場価格をランキング形式でまとめております。

ついに決勝戦を終え2019-20シーズンの幕を閉じたUEFAチャンピオンズリーグ!

パリ・サンジェルマンはクラブ史上初の決勝戦進出を果たしましたが、ドイツのバイエルン・ミュンヘンを相手に0-1で敗れ悲願の優勝は叶いませんでした。

しかし、稀にみる好ゲームを繰り広げ目を離せない展開に、早朝の試合でしたが全く眠くならず興奮しっぱなしの展開でした!

ムバッペやネイマールを始めとした世界トップのスターを揃えているパリ・サンジェルマンの推定移籍金市場価格は気になるところかと思います。

それでは、パリ・サンジェルマン所属選手の推定移籍金市場価格をまとめていきますので、良かったら最後までご覧ください!

この頁の情報は海外サッカーサイトtransfermarktを参考にしております。
※2020年8月25日時点
また、扱っている画像についてはご本人様やクラブ公式等、権利を有するTwitter投稿を引用させていただいております。

なお、この記事作成時点では新型コロナウィルスの影響もあり世界中の全クラブの選手の市場価格が落ちておりますので通常時よりも低い傾向となっています。



パリ・サンジェルマン所属選手推定移籍金市場価格ランキング

まずは、11位から20位までの選手の一覧です。

pos./背番号選手名(年齢)国籍移籍金市場価格
11位MF/23ユリアン・ドラクスラー(26)ドイツ約30億300万円
11位MF/27イドリッサ・ゲイェ(30)セネガル約30億300万円
13位MF/8レアンドロ・パレデス(26)アルゼンチン約25億300万円
14位MF/21アンデル・エレーラ(31)スペイン約20億200万円
14位DF/14フアン・ベルナト(27)スペイン約20億200万円
14位DF/31コラン・ダグバ(21)フランス約20億200万円
17位GK/-アルフォンス・アレオラ(27)フランス約16億2,700万円
18位DF/20ライヴィン・クルザワ(27)フランス約15億200万円
19位GK/1ケイラー・ナバス(33)コスタリカ約10億100万円
20位DF/2チアゴ・シウバ(35)ブラジル約6億円

続いてトップ10です!

7位:プレスネル・キンペンベ

移籍金市場価格
約35億400万円
前所属:パリ・サンジェルマンユース(~2014)
国籍:フランス
年齢:25歳
身長:189cm/体重77Kg
背番号:3番
ポジション:DF

左利きのセンターバック。
高い身体能力と優れた走力で広いエリアをカバーしボールを狩りにいく。

パリ・サンジェルマン下部組織出身の期待の選手。
チャンピオンズリーグ決勝では素晴らしい集中力での守備を見せてくれた。

7位:アブドゥ・ディアロ

移籍金市場価格
約35億400万円
前所属:ドルトムント(~2019)
国籍:フランス
年齢:24歳
身長:187cm/体重79Kg
背番号:22番
ポジション:DF

毎年移籍を繰り返し、ドルトムントやモナコ等様々なクラブでプレイしてきた。

パリ・サンジェルマンでプレイすることが夢であり、それが現実となったと語った。

7位:ティロ・ケーラー

移籍金市場価格
約35億400万円
前所属:シャルケ04(~2018)
国籍:ドイツ
年齢:23歳
身長:185cm/体重76Kg
背番号:4番
ポジション:DF

万能型のDFでセンターバック、右サイドバックのポジションをこなすことが出来る。

テクニックとスピードもあり、パスミスが少なく安定したパフォーマンスを見せてくれる。但し、CL決勝のバイエルン戦のようにハイプレスにあった時にはその長所も消えてしまうように見えたので、この辺りのプレーの修正が今後の課題か?

7位:パブロ・サラビア

移籍金市場価格
約35億400万円
前所属:セビージャ(~2019)
国籍:スペイン
年齢:28歳
身長:176cm/体重72Kg
背番号:19番
ポジション:MF

レアルマドリードの下部組織育ちでトップリームデビューも果たした。

2018-19シーズンには12ゴール13アシストといく記録を出しゴールアシスト共に2桁超え。

状況判断力に優れ、周りを見ながら最適なパスの選択をする。
技術も高く、トリッキーなパスも度々見られる。



6位:アンヘル・ディ・マリア

移籍金市場価格
約40億300万円
前所属:マンチェスター・ユナイテッド(~2015)
国籍:アルゼンチン
年齢:32歳
身長:180cm/体重75Kg
背番号:11番
ポジション:FW

レアルマドリードで5シーズン、その後マンチェスター・ユナイテッドで1シーズンを過ごしパリ・サンジェルマンへ。

スピード、テクニック、シュート技術全てが最高のレベルにあり攻撃的なポジションに求められるスキルは全て持ち合わせたような選手。

アルゼンチン代表では出場試合が100試合を超えた。

5位:マルキーニョス

移籍金市場価格
約65億4,800万円
前所属:ローマ(~2013)
国籍:ブラジル
年齢:26歳
身長:183cm/体重79Kg
背番号:5番
ポジション:DF

パリ・サンジェルマンでの7シーズン目を終えた。

DFの選手ではあるが守備的MFでの起用も増えている。
多くのポジションをこなすことが出来戦術上でも重要な選手。

得点能力もあり、2019-20シーズンのCL準決勝ライプツィヒ戦では値千金の決勝ゴールを叩き込んだ。

3位:マルコ・ヴェラッティ

移籍金市場価格
約75億5,800万円
前所属:ペスカーラ(~2012)
国籍:イタリア
年齢:27歳
身長:165cm/体重60Kg
背番号:6番
ポジション:MF

得点力よりもアシストが目立つパサー。

ボールキープがしっかり出来、味方の動きをしっかり捉えた正確なパスは見事としか言いようがない。

守備の面でも優れたスキルがありタックル成功率は高い成績を残す。

3位:マウロ・イカルディ

移籍金市場価格
約75億5,800万円
前所属:インテル(~2020)
国籍:アルゼンチン
年齢:27歳
身長:181cm/体重75Kg
背番号:18番
ポジション:FW

2019年9月にレンタル移籍でパリ・サンジェルマンに加入し、2020年5月完全移籍が発表された。

生粋の点取り屋であり、インテル時代に決めたゴールはリーグ戦188試合出場111ゴール。
2015-16シーズンではシュート決定率30%超えとなっており3本打てば1本ゴールが決まる計算に。



2位:ネイマール

移籍金市場価格
約161億1600万円
前所属:バルセロナ(~2017)
国籍:ブラジル
年齢:28歳
身長:175cm/体重68Kg
背番号:10番
ポジション:FW

パリ・サンジェルマンへは史上最高額となる2億2000万ユーロ(約284億円)という驚愕の移籍金で加入した。

これまでサントス時代には南米年間最優秀選手賞を2度、バルセロナ時代にはメッシ、スアレスとMSNトリオと称される最強3トップを形成し数々のタイトルを獲得。

ブラジル代表ではペレ、ロナウドに次ぐ得点記録保持者。

数人に囲まれても踊るようなドリブル、アイデア溢れるプレーで突破していくテクニックは芸術。

1位:キリアン・ムバッペ

移籍金市場価格
約226億7,100万円
前所属:モナコ(~2018)
国籍:フランス
年齢:21歳
身長:178cm/体重73Kg
背番号:7番
ポジション:FW

パリ・サンジェルマンへ完全移籍した初年度は29試合で33得点9アシストと合計42得点に絡む爆発力を見せる。

2018年FIFAワールドカップで世界にその名を轟かせるようなプレーを見せフランスの優勝に大きく貢献。

時速38Kmとも言われる爆速を武器にディフェンスの裏への飛び出しを見せる。
シュート技術も高く、突破されたら積んだと思ったほうが良いレベル。

現時点の世界最高の推定移籍金市場価格はムバッペ。
レアル・マドリードへの移籍が長く噂されるが果たして!?



他代表・クラブの記事を見たい方はこちら

クラブ別

関連記事

ここでは、各国リーグ毎の選手移籍金市場価格をまとめた記事を公開しております。見たいリーグから、チームを選択して見ていただければと思います!※この頁の情報はドイツサッカー情報サイトtransfermarktで得ている情報となり[…]

代表別

関連記事

ここでは、各国代表毎の選手移籍金市場価格をまとめた記事を公開しております。記事にないクラブに関しては、Twitter上等でご依頼いただければ作成致しますのでよろしくお願い致します!※この頁の情報は海外サッカー情報サイトtra[…]

まとめ


国内リーグでは2019-20シーズン22勝2分3敗得失点差は51と、1強とも言って良い圧倒的な力で優勝を決め3連覇。

しかし、最近入ってきたニュースだとチャンピオンズリーグ決勝での采配に疑問を抱いている上層部がトゥヘル監督の解任を検討しているとの情報があります。

個人的な意見としては、トゥヘル監督がいたからこそ決勝まで駒を進めることが出来たはずであり、この情報が本当だとすると短絡的すぎてバルセロナの二の舞になることも想像出来ます。

今のクラブの体制で更に成熟させ、2020-21シーズンを戦ってほしいですね。



最新情報をチェックしよう!