2020年8月ライプツィヒ所属選手推定移籍金市場価格トップ10

この記事ではドイツブンデスリーガのサッカークラブ、RBライプツィヒに所属する選手の推定移籍金市場価格をランキング形式でまとめております!

2019-20シーズンのチャンピオンズリーグで快進撃を続けベスト4となったライプツィヒ。

実はこのクラブ、歴史としては浅く2009年に当時5部のSSVマルクランシュタットというクラブをレッドブルが買収したことで発足したクラブとなっております。
※但しRBライプツィヒの【RB】の略はRasenBallsport。ドイツブンデスリーガでは原則として親会社の名前をチーム名に入れてはいけないため。

15-16シーズンに2部リーグを2位で昇格し、翌年の16-17シーズンでは昇格組ながらトップリーグで2位となり昇格初年度でチャンピオンズリーグの出場権を得ます。

そして、直近の2019-20シーズンでもリーグ戦を3位で終え来季のCL出場権も得ており非常に興味深いクラブです。

そんなライプツィヒに所属する選手をまとめていきますので、是非最後までご覧ください。

この頁の情報は海外サッカーサイトtransfermarktを参考にしております。
※2020年8月20日時点
また、扱っている画像についてはご本人様やクラブ公式等、権利を有するTwitter投稿を引用させていただいております。

なお、この記事作成時点では新型コロナウィルスの影響もあり世界中の全クラブの選手の市場価格が落ちておりますので通常時よりも低い傾向となっています。



ライプツィヒ所属選手推定移籍金市場価格ランキング

それでは、まずは11位以降20位までの選手の一覧です!

pos./背番号選手名(年齢)国籍移籍金市場価格
11位DF/23マルツェル・ハルステンベルク(28)ドイツ約25億700万円
11位DF/3アンヘリーノ(23)スペイン約25億700万円
11位DF/22ノルディ・ムキエレ(22)フランス約25億700万円
14位MF/44ケヴィン・カンプル(29)スロベニア約21億9,400万円
15位DF/4ヴィリ・オルバン(27)ハンガリー約20億600万円
16位MF/8アマドゥ・ハイダラ(22)マリ約19億4,300万円
17位FW/11ファン・ヒチャン(24)韓国約18億8,100万円
18位MF/14タイラー・アダムス(21)アメリカ合衆国約17億5,600万円
19位FW/17アデモラ・ルックマン(22)イングランド約16億9,300万円
20位DF/39ベンヤミン・ヒンリヒス(23)ドイツ約15億500万円

ファン・ヒチャンは、オーストリアのザルツブルク時代に日本代表南野拓実とチームメイトだった選手ですね!

それでは、続いてトップ10です!

10位:エミル・フォルスベリ

移籍金市場価格
約28億2,300万円
前所属:マルメ(~2015)
国籍:スウェーデン
年齢:28歳
身長:179cm/体重78Kg
背番号:10番
ポジション:FW

父も祖父も元プロサッカー選手というサラブレッド。

自身でゴールを奪うだけでなく周りを活かす、フィニッシュに繋がるパスを供給する。
2016-17シーズンは8得点19アシストを記録しており、その攻撃センスが見て取れる。

9位:ユスフ・ポウルセン

移籍金市場価格
約30億900万円
前所属:リンビーBK(~2013)
国籍:デンマーク
年齢:26歳
身長:193cm/体重84Kg
背番号:9番
ポジション:FW

当時3部だったライプツィヒに加入し、チームと共にステップアップしてきたFW。

ユース世代U-16以降各年代の代表にも定着し、フル代表にも常連で選出。

前線からしっかりと守備にも貢献し攻守に渡ってチーム貢献出来る選手。

8位:パトリック・シック

移籍金市場価格
約31億3,600万円
前所属:ローマからレンタル移籍中
国籍:チェコ
年齢:24歳
身長:186cm/体重73Kg
背番号:21番
ポジション:FW

大きな期待を持たれ移籍したローマでは目立った活躍がなかったが、ライプツィヒで再度輝くことに。

ライプツィヒの戦術にフィットし、本来のセンターフォワードとしての起用で2019-20シーズンは二桁ゴールも記録。
チェコ代表としても活躍しており、まだ若い選手なだけに今後更に期待。
ローマに戻らないほうが良いのでは…



7位:コンラート・ライマー

移籍金市場価格
約35億1,100万円
前所属:ザルツブルク(~2017)
国籍:オーストリア
年齢:23歳
身長:179cm/体重72Kg
背番号:27番
ポジション:MF

ボール奪取能力に優れたMF。
守備側として1対1の勝率が高く、挑む回数も多いためライプツィヒにとって欠かせない選手に。

リーグ戦、チャンピオンズリーグ合わせて39試合に起用されていることから監督の信頼を勝ち得ていることが伺える。

6位:ダニ・オルモ

移籍金市場価格
約39億5,200万円
前所属:ディナモ・ザグレブ(~2020)
国籍:スペイン
年齢:22歳
身長:179cm/体重68Kg
背番号:25番
ポジション:MF

バルセロナの下部組織出身。
バルセロナBに昇格かと思われていたが、クロアチアのディナモ・ザグレブに移籍しトップチームデビュー。

ドリブルのテクニックがありキレのある動き、細かいボールタッチで突破していく。
パスの精度も高い。

5位:クリストファー・エンクンク

移籍金市場価格
約41億4,000万円
前所属:パリ・サンジェルマン(~2019)
国籍:フランス
年齢:22歳
身長:178cm/体重68Kg
背番号:18番
ポジション:MF

パリ・サンジェルマンの下部組織終身で2015年から2019年まではトップチームで起用される。

攻撃的なMFとして豊富な運動量と思い切りの良いドリブル突破、ミドルシュートで積極的に攻撃参加する。

3位:ルーカス・クロスターマン

移籍金市場価格
約43億8,900万円
前所属:VfLボーフム(~2014)
国籍:ドイツ
年齢:24歳
身長:187cm/体重83Kg
背番号:16番
ポジション:DF

本職は右サイドバック。

センターバックでの起用も目立ちDFポジションのユーティリティープレイヤー。

2019年にはドイツフル代表にも選出。

3位:マルセル・ザビッツァー

移籍金市場価格
約43億8,900万円
前所属:ラピード・ウィーン(~2014)
国籍:オーストリア
年齢:26歳
身長:177cm/体重70Kg
背番号:7番
ポジション:MF

ライプツィヒでの所属年数を積むごとに確実に得点に絡む活躍が増している。

2019-20シーズンのチャンピオンズリーグではラウンド16のトッテナム戦で2ゴールを決めベスト8進出の立役者となる。



2位:イブラヒマ・コナテ

移籍金市場価格
約50億8,000万円
前所属:ソショー(~2017)
国籍:フランス
年齢:21歳
身長:192cm/体重93Kg
背番号:6番
ポジション:DF

まだ若いDFだが驚異的な身体能力を活かして堅守な守備を支える。

空中戦勝利率、パス成功率の高さは数字も表れておりブンデスリーガ公式の大ブレイクした若手選手5名に名を連ねた。

1位:ダヨ・ウパメカノ

移籍金市場価格
約56億4,200万円
前所属:ザルツブルク(~2017)
国籍:フランス
年齢:21歳
身長:186cm/体重79Kg
背番号:5番
ポジション:DF

高さ、巧さ、速さを兼ね備えたセンターバック。

スピード勝負で相手には絶対に後れを取らず、強靭なフィジカルも持ち合わせるため容易に振り切ることは出来ない。

更に優れたボールテクニックを持つため、最終ラインから前線へ正確なパスを送ることも。

プレミアリーグのクラブや、バイエルン・ミュンヘンも注目する逸材。



他代表・クラブの記事を見たい方はこちら

クラブ別

関連記事

ここでは、各国リーグ毎の選手移籍金市場価格をまとめた記事を公開しております。見たいリーグから、チームを選択して見ていただければと思います!※この頁の情報はドイツサッカー情報サイトtransfermarktで得ている情報となり[…]

代表別

関連記事

ここでは、各国代表毎の選手移籍金市場価格をまとめた記事を公開しております。記事にないクラブに関しては、Twitter上等でご依頼いただければ作成致しますのでよろしくお願い致します!※この頁の情報は海外サッカー情報サイトtra[…]

まとめ


チーム全体として30歳以上の選手がほとんどおらず、有望な若手ばかりで構成されておりチームとしての成熟度は増すばかりです。

2019-20チャンピオンズリーグラウンド16でトッテナムを、ラウンド8でアトレティコ・マドリードを破ったのは必然かもしれません。

準決勝ではパリ・サンジェルマンに敗れてはしまいましたが、来期も出場が決まっていますのでここまで戦い抜いた経験は間違いなくチームとしての経験として蓄積されるでしょう!



最新情報をチェックしよう!