2020年7月欧州から見た横浜Fマリノス所属選手推定移籍金市場価格トップ10

この記事では2020年7月時点、J1リーグ横浜Fマリノスに所属する選手の欧州から見た推定移籍金市場価格をランキング形式でまとめております。

言わずと知れたJリーグ2019年シーズンの覇者横浜Fマリノス。
最終戦までの7連勝による追い込みは圧倒的でした!

続く今シーズンは主力も大半がチームに残り、戦力を底上げするための新戦力も加え連覇への準備をおこなってきました。

それでは、横浜Fマリノス所属選手の欧州から見た移籍金市場価格をまとめていきますので是非最後までご覧ください!

この頁の情報は海外サッカーサイトtransfermarktを参考にしております。
※2020年7月26日時点
また、扱っている画像についてはご本人様やクラブ公式等、権利を有するTwitter投稿を引用させていただいております。

なお、この記事作成時点では新型コロナウィルスの影響もあり世界中の全クラブの選手の市場価格が落ちておりますので通常時よりも低い傾向となっています。



横浜Fマリノス所属選手推定移籍金市場価格ランキング

まずは、11位から20位までの選手一覧です。

pos./背番号選手名(年齢)推定年俸推定移籍金市場価格
11位DF/13チアゴ・マルティンス(25)6,800万円約1億1,100万円
12位DF/5ティーラトン・ブンマタン(30)4,200万円約9,800万円
13位DF/27松原 健(27)2,800万円約8,000万円
13位MF/41仙頭 啓矢(25)1,700万円約8,000万円
15位MF/33和田 拓也(29)2,700万円約6,800万円
15位GK/1朴 一圭(30)2,800万円約6,800万円
15位DF/25小池 龍太(24)不明約6,800万円
18位MF/39天野 純(29)不明約6,400万円
19位DF/24前 貴之(26)1,400万円約5,800万円
19位GK/21梶川 裕嗣(28)800万円約5,800万円
19位DF/2山本 義道(24)1,000万円約5,800万円

それでは、続いてトップ10の選手です!

8位:畠中 槙之輔

移籍金市場価格
約1億2,300万円
前所属:東京ヴェルディ(~2018)
年齢:24歳
身長:184cm/体重80Kg
背番号:44番
ポジション:DF
推定年俸:3,200万円

2019年には初の日本代表に選出されたセンターバック。

チアゴ・マルティンスと共に、最終ラインの主軸として堅い守備を形成する。

ビルドアップ能力に定評がある。

8位:喜田 拓也

移籍金市場価格
約1億2,300万円
前所属:横浜Fマリノスユース(~2012年)
年齢:25歳
身長:171cm/体重64Kg
背番号:8番
ポジション:MF
推定年俸:3,700万円

横浜Fマリノス生抜きの選手で、2019年はJリーグベストイレブンに選出。

チームメイトからの信頼は厚く、キャプテンとしてクラブを牽引する。

8位:水沼 宏太

移籍金市場価格
約1億2,300万円
前所属:セレッソ大阪
年齢:30歳
身長:176cm/体重72Kg
背番号:18番
ポジション:FW
推定年俸:4,500万円

9年半ぶりに古巣の横浜Fマリノスに復帰。
ユース時代も横浜Fマリノスで過ごした選手。

豊富な運動量を武器に鋭い攻撃を披露し、得点・アシストを量産する。
2020年シーズンは第6節終了時点で、先発1試合、途中出場4試合ながら既に4アシストを記録。

6位:オナイウ阿道

移籍金市場価格
約1億3,500万円
前所属:浦和レッズ(~2019)
年齢:24歳
身長:180cm/体重75Kg
背番号:45番
ポジション:FW
推定年俸:4,500万円

昨シーズンはレンタル先の大分トリニータで10得点、2シーズン前はJ2のレノファ山口で22得点を決め日本代表にも選出。

身体能力も高く、得点感覚は抜群。
間違いなく横浜Fマリノスの攻撃陣に厚みを加える逸材。

6位:扇原 貴宏

移籍金市場価格
約1億3,500万円
前所属:名古屋グランパス(~2016)
年齢:28歳
身長:185cm/体重74Kg
背番号:6番
ポジション:MF
推定年俸:4,000万円

精度の高いロングキックが持ち味。
また、鋭い縦パスを通す精度もある。

対人守備能力やボール奪取能力も高くJリーグ屈指のボランチ。



5位:遠藤 渓太

移籍金市場価格
約1億5,900万円
前所属:横浜Fマリノスユース(~2015)
年齢:22歳
身長:175cm/体重66Kg
背番号:11番
ポジション:MF
推定年俸:2,700万円

左サイドからのアタッカーとして昨シーズン後半戦で爆発。
リーグ戦で7得点7アシストの記録を残す。

2019年には日本代表にも初選出され、東京オリンピックU-23代表候補。
ドイツブンデスリーガのウニオン・ベルリンへの移籍が報道されており次節の札幌戦が最終戦となる。

3位:エリキ

移籍金市場価格
約1億9,600万円
前所属:パルメイラスからレンタル移籍中
国籍:ブラジル
年齢:26歳
身長:170cm/体重65Kg
背番号:17番
ポジション:FW
推定年俸:6,000万円

2019年8月に横浜Fマリノスにレンタル移籍で加入し、12試合出場8得点という圧巻の得点力を見せた。

身体能力はもちろん、類まれなスピードを武器にゴールを量産する。

3位:エジガル・ジュニオ

移籍金市場価格
約1億9,600万円
前所属:バイーアからレンタル移籍中
国籍:ブラジル
年齢:29歳
身長:174cm/体重72Kg
背番号:30番
ポジション:FW
推定年俸:8,500万円

昨シーズンは怪我に泣かされながらも、16試合で11得点という結果を残す。

シュートを打つタイミングが独特と感じられることが多々あり、相手DFやGKからしたら非常に止めにくい選手だと思います。
小さな振りで強烈なシュートを放てる筋力もありフォワードとして理想。

2位:マルコス・ジュニオール

移籍金市場価格
約2億4,700万円
前所属:フルミネンセ(~2018)
国籍:ブラジル
年齢:27歳
身長:167cm/体重66Kg
背番号:9番
ポジション:FW
推定年俸:1億2,000万円

昨シーズン、加入1年目かつJリーグ初年度ながら15得点5アシストという数字を叩き出しJリーグ得点王に輝いた。

トップ下のポジションで攻撃の中核を担い、喜田選手や扇原選手に活かされながらゴールに絡むプレーを数多く見せる。
ゴールパフォーマンスのかめはめ波でも有名。



1位:仲川 輝人

移籍金市場価格
約2億7,200万円
前所属:専修大学(~2014)
年齢:27歳
身長:161cm/体重57Kg
背番号:23番
ポジション:FW
推定年俸:5,500万円

昨シーズンはマルコス・ジュニオール選手と並び15得点を記録しJリーグ得点王に。
アシストも9アシスト記録しているの得点に絡んだ数で言うとチームトップ。

裏への抜け出しのタイミング、スピード、ここしかないというところに狙えるシュート技術があり横浜Fマリノスの得点源。
その活躍もあり2019年に日本代表初選出。

2019年シーズン、コンサドーレ札幌戦で中央から一人で持ち込み決めたゴールは圧巻でした。

Jリーグを見るならDAZN

  • サッカー好きの必須コンテンツ!!
  • Jリーグはもちろん海外サッカーも見放題!
    【UEFAチャンピオンズリーグ独占、プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリエA、他】
  • トライアルで1カ月無料!見たいリーグのオフシーズンは休止も出来るので見ない時の支払いは不要!
    まずは1カ月の無料体験をお試しください!

↓公式サイトを見てみる↓

他代表・クラブの記事を見たい方はこちら

クラブ別

関連記事

ここでは、各国リーグ毎の選手移籍金市場価格をまとめた記事を公開しております。見たいリーグから、チームを選択して見ていただければと思います!※この頁の情報はドイツサッカー情報サイトtransfermarktで得ている情報となり[…]

代表別

関連記事

ここでは、各国代表毎の選手移籍金市場価格をまとめた記事を公開しております。記事にないクラブに関しては、Twitter上等でご依頼いただければ作成致しますのでよろしくお願い致します!※この頁の情報は海外サッカー情報サイトtra[…]

2019年版横浜Fマリノス所属選手推定移籍金市場価格

関連記事

この記事では、欧州から見た横浜Fマリノス所属選手の移籍金市場価格についてまとめております!横浜マリノスの注目選手を調べる時にも、これを一つの基準として参考にしていただけたらと思います!第30節が終わって、勝ち点差1で鹿島アン[…]

まとめ


推定移籍金市場価格のトップ5がFWの選手ということからも、横浜Fマリノスの攻撃陣は強力だということがわかります。
昨シーズン優勝に導いたアタッキングフットボールは今年も健在!

4-3-3のシステムを取ってはいるものの、試合に入ると臨機応変なポジションチェンジが繰り返されるので非常に守りにくい相手であると思います。

なお、第6節まででパスとクロス、そしてドリブルの数はトップクラスとなっておりその攻撃の多さが伺えます。

これから再開されるであろうACLでは日本のクラブを代表して良い結果を残してほしいです。



最新情報をチェックしよう!