2020年3月FCポルト所属選手の移籍金市場価格ランキングトップ10

この記事では2020年3月時点でポルトガルリーグのサッカークラブFCポルトに所属する選手の移籍金市場価格をランキング形式でまとめております!

日本代表MF中島翔哉選手が所属することで有名なFCポルト。

今シーズンは24節を終えて2位ベンフィカに勝ち点1差で首位となっております。
他国の例に漏れず新型コロナウィルスの影響でリーグ戦は延期となっていますが、直近5試合では4勝1分と好調を維持していました!

世界のサッカーリーグ戦が中断している今、日本人選手が所属しているクラブ情報をまとめようと思い、その第1弾としてFCポルトを取り上げます!

移籍金市場価格という観点からFCポルトの注目選手をまとめていきますので、よかったら見ていってください!

スポンサーリンク
この頁の情報は海外サッカーサイトtransfermarktを参考にしております。
※2020年3月19日時点
また、扱っている画像についてはご本人様やクラブ公式等、権利を有するTwitter投稿を引用させていただいております。

FCポルト所属選手移籍金市場価格

それではまずは、トップ10以外の選手(20位まで)の一覧です!

pos./背番号選手名(年齢)国籍移籍金市場価格
12位MF/8ロマーリオ・バロ(20)ポルトガル約10億6,500万円
13位GK/32アグスティン・マルチェシン(32)アルゼンチン約10億600万円
14位FW/9ヴァンサン・アブバカル(28)カメルーン約8億2,800万円
15位MF/27セルジオ・オリベイラ(27)ポルトガル約7億1,000万円
15位DF/4ディオゴ・レイテ(21)ポルトガル約7億1,000万円
17位GK/31ジオゴ・コスタ(20)ポルトガル約5億9,300万円
17位MF/15ママドゥ・ルーム(23)セネガル約5億9,300万円
19位DF/19シャンセル・ムベンバ(25)コンゴ民主共和国約4億7,400万円
19位DF/18ウィルソン・マナファ(25)ポルトガル約4億7,400万円

なお、元スペイン代表、そしてレアルマドリードのレジェンドGKイケル・カシージャスも所属しております。
移籍金市場価格は約1億1,800万円。
38歳にして前線で戦い続けるすごい選手です!

それでは続いてトップ10の選手です!

8位:ファビオ・シルバ

移籍金市場価格
約11億8,500万円
前所属:ポルトユース(~2019)
国籍:ポルトガル
年齢:17歳
身長:180cm/体重88Kg
背番号:49番
ポジション:FW

ブラジル生まれの万能型のストライカー。

ベンフィカに所属していた頃のジョアン・フェリックスの違約金1億2000万ユーロ(約144億円)を超える1億2500万ユーロ(約150億円)の契約解除金が設定されている。

飛び級でU19ポルトガル代表でもプレイしており、クリスティアーノ・ロナウドの再来とも称される天才。

今後に大きな期待があるだけに、この名を覚えておいても良いでしょう!

8位:マテウス・ウリベ

移籍金市場価格
約11億8,500万円
前所属:クラブ・アメリカ(~2019)
国籍:コロンビア
年齢:28歳
身長:180cm/体重71Kg
背番号:16番
ポジション:MF

コロンビア代表MF。

テクニカルなボールタッチが出来る南米色の強いプレースタイルを見せてくれる。

チャンスと見ると世局的に攻め上がりゴールに絡むことも。
なお、得点という部分に限ってはポルトに来てから結果を出してはいない。

8位:ゼ・ルイス

移籍金市場価格
約11億8,500万円
前所属:スパルタク・モスクワ(~2019)
国籍:カーボベルデ
年齢:29歳
身長:184cm/体重88Kg
背番号:20番
ポジション:FW

2019-20シーズンからポルトに加入。
デビューから2試合で3得点を決め、鮮烈なデビューを飾る!

フルネームはジョゼ・ルイス・メンデス・アンドラーデ。

ポルトガル国籍も持つが、カーボベルデ代表としてプレイする。

8位:チキーニョ

移籍金市場価格
約11億8,500万円
前所属:ヴィトーリア・ギマランイス(~2017)
国籍:ブラジル
年齢:29歳
身長:187cm/体重89Kg
背番号:29番
ポジション:FW

チキーニョことフランシスコ・ソアレス。

チームの重要な得点源であり、昨シーズンは15得点3アシストを記録。
敗退してしまったがヨーロッパリーグでも結果を残したセンターフォワード。

スポンサーリンク

7位:ルイス・ディアス

移籍金市場価格
約12億9,900万円
前所属:アトレティコ・ジュニオール(~2019)
国籍:コロンビア
年齢:23歳
身長:180cm/体重不明
背番号:7番
ポジション:MF

コロンビアのアトレティコ・ジュニオールから2019-20シーズンに加入。

コロンビア代表としては2018年にフル代表に選出。

中盤の左サイドを主戦場とする選手で、中島翔哉と定位置争いを繰り広げる。

6位:オタビオ

移籍金市場価格
約20億500万円
前所属:インテルナシオナル(~2014)
国籍:ブラジル
年齢:25歳
身長:171cm/体重65Kg
背番号:25番
ポジション:MF

得点よりもアシスト数が目立つ中盤の右サイドを主戦場とする選手。

ポルトとは2021年までの契約を結んでおり違約金は6000万ユーロに設定されている。

5位:中島 翔哉

移籍金市場価格
約23億6,200万円
前所属:アル・ドゥハイル(~2019)
国籍:日本
年齢:25歳
身長:167cm/体重62Kg
背番号:10番
ポジション:MF

日本が誇るドリブルモンスター。

細かいタッチで身体の一部のようにボールをコントロールする。
ロナウジーニョが得意としていたエラシコ等の技も見事にこなす。

今シーズンはまだゴールという結果を出せていない。

4位:ムサ・マレガ

移籍金市場価格
約28億3,700万円
前所属:マリティモ(~2016)
国籍:マリ
年齢:28歳
身長:187cm/体重83Kg
背番号:11番
ポジション:FW

2017-18シーズンに22得点を決め攻撃力の高さを証明した。

プレミアリーグの強豪が興味を持つとされる選手。

直近では、人種差別的なチャントに対して毅然とした姿勢を見せ自ら退場という選択肢を選んで見せた。

3位:ヘスス・マヌエル・コロナ

移籍金市場価格
約29億4,900万円
前所属:トゥウェンテ(~2015)
国籍:メキシコ
年齢:27歳
身長:173cm/体重62Kg
背番号:17番
ポジション:MF

ドリブルテクニックがずば抜けており、スペースがなくても相手を躱す技術がある。

自身の技術はもちろん、見事なパスでアシストも量産しポルトの勝利に大きく貢献する。

今シーズンは全試合に出場する程、このクラブに欠かせない選手。

スポンサーリンク

2位:ダニーロ・ペレイラ

移籍金市場価格
約35億3,800万円
前所属:マリティモ(~2015)
国籍:ポルトガル
年齢:28歳
身長:188cm/体重83Kg
背番号:22番
ポジション:MF

各年代のユース代表に選出され、2015年からはポルトガルフル代表としても活躍。
EURO2016ではポルトガル史上初となる優勝にも貢献した。

ポジションは守備的MFで、強力なフィジカルを活かし攻守に渡って存在感を放つ。

1位:アレックス・テレス

移籍金市場価格
約47億2,100万円
前所属:ガラタサライ(~2016)
国籍:ブラジル
年齢:27歳
身長:181cm/体重71Kg
背番号:13番
ポジション:DF

ブラジルとイタリアの国籍を持つがブラジル代表を選択。
2019年に初めてブラジルフル代表デビューを飾った。

ポジションは左サイドバック。
ガラタサライ時代には長友佑都選手とポジションを争った。

他代表・クラブの記事を見たい方はこちら

クラブ別

関連記事

ここでは、各国リーグ毎の選手移籍金市場価格をまとめた記事を公開しております。見たいリーグから、チームを選択して見ていただければと思います!※この頁の情報はドイツサッカー情報サイトtransfermarktで得ている情報となり[…]

代表別

関連記事

ここでは、各国代表毎の選手移籍金市場価格をまとめた記事を公開しております。記事にないクラブに関しては、Twitter上等でご依頼いただければ作成致しますのでよろしくお願い致します!※この頁の情報は海外サッカー情報サイトtra[…]

まとめ

過去には、デコやカゼミーロ等の超大物選手も所属していたポルトですが、これから先にもファビオ・シルバを始めとした若い才能が世界の大舞台に羽ばたきそうな気がします!

今シーズン、これまでのリーグ戦の好調を維持しなんとか優勝で終わりたい。
そして来シーズンのチャンピオンズリーグでは、中島翔哉選手が活躍するのをこの目で見たいものです!

スポンサーリンク

 

最新情報をチェックしよう!