2020年2月サンプドリア所属選手の移籍金市場価格ランキングトップ10

この記事では、2020年2月時点のイタリアセリエAに所属するサンプドリアの選手の移籍金市場価格をランキング形式でまとめております!

この冬の移籍市場で日本代表DF吉田麻也選手がイングランドプレミアリーグのサウサンプトンより期限付き移籍することとなりました。

このクラブには、過去柳沢敦選手が所属していたことでも有名です。

今シーズン、21節終了時点で5勝5分11敗でセリエA16位と低迷。
降格争いに巻き込まれている状況のクラブ。

日本代表のベテランDFはこのクラブの残留に貢献することが出来るか!?

そんなサンプドリアの注目選手を移籍金市場価格という観点から見ていきますので、最後までゆっくりご覧いただけると嬉しいです!

スポンサーリンク
この頁の情報は海外サッカーサイトtransfermarktを参考にしております。
※2020年2月6日時点
また、扱っている画像についてはご本人様やクラブ公式等、権利を有するTwitter投稿を引用させていただいております。

サンプドリア所属選手移籍金市場価格

それではまずはトップ10以外の選手の一覧です!

pos./背番号選手名(年齢)国籍移籍金市場価格
14位FW/17アントニオ・ラ・グミナ(23)イタリア約5億7,600万円
15位MF/6アルビン・エクダル(30)スウェーデン約4億8,000万円
16位DF/5ジュリアン・シャボット(21)ドイツ約4億2,000万円
17位MF/91アンドレア・ベルトラッチ(29)イタリア約3億6,000万円
18位DF/25アレックス・フェラーリ(25)イタリア約3億円
18位MF/18モーテン・トルスビー(23)ノルウェー約3億円
18位MF/26メーディ・レリス(21)フランス約3億円
21位FW/27ファビオ・クアリャレッラ(37)イタリア約2億4,000万円
21位FW/9フェデリコ・ボナッツォーリ(22)イタリア約2億4,000万円

それでは続いてトップ10の選手です!

10位:ゴンサロ・マローニ

移籍金市場価格
約6億円
前所属:ボカ・ジュニアーズ(~2019)
国籍:アルゼンチン
年齢:20歳
身長:170cm/体重67Kg
背番号:20番
ポジション:MF

アルゼンチンU-20代表の10番を背負った選手。

憧れの選手はメッシ。

10位:ファビオ・デパオリ

移籍金市場価格
約6億円
前所属:キエーヴォ(~2019)
国籍:イタリア
年齢:22歳
身長:178cm/体重74Kg
背番号:12番
ポジション:DF

ユース時代を含め10年以上キエーヴォに所属したが、クラブがセリエBに降格してしまったタイミングで新たな挑戦を求めてサンプドリアへ移籍。

右サイドバックのポジションを主戦場とする。

10位:ロレンツォ・トネッリ

移籍金市場価格
約6億円
前所属:ナポリからレンタル移籍中
国籍:イタリア
年齢:30歳
身長:183cm/体重78Kg
背番号:21番
ポジション:DF

イタリアU21代表を経験したことがあるセンターバック。

エンポリで多くのシーズンを過ごしてきたが2016年にナポリに移籍。
出場機会には恵まれず、現在サンプドリアに買取義務のレンタル移籍で所属している。

10位:吉田 麻也

移籍金市場価格
約6億円
前所属:サウサンプトンからレンタル移籍中
国籍:日本
年齢:31歳
身長:189cm/体重78Kg
背番号:34番
ポジション:DF

今なお、日本代表では最高に頼りになる最終ラインの要。

7年半過ごしたサウサンプトンを離れセリエA初挑戦です!
冨安選手のボローニャとの対戦が楽しみ!

スポンサーリンク

9位:二コラ・ムッル

移籍金市場価格
約7億8,300万円
前所属:カリアリ(~2017)
国籍:イタリア
年齢:25歳
身長:180cm/体重64Kg
背番号:29番
ポジション:DF

ポジションは左サイドバック。
イタリアU-17~U-21代表として選出されてきた。

カリアリでは17歳という若さでセリエAデビューを果たした。

将来のイタリア代表候補と言われているがまだフル代表経験はない。

7位:ロナウド・ヴィエイラ

移籍金市場価格
約8億4,500万円
前所属:リーズ・ユナイテッド(~2018)
国籍:イングランド
年齢:21歳
身長:178cm/体重70Kg
背番号:4番
ポジション:MF

イングランドU-21代表のMF。
ギニアビサウ・ポルトガル・イングランドから代表を選択できたが年代別代表でイングランドを選択。

積極的にボールを奪いに行くスタミナ、フィジカルに優れた選手。

7位:オマー・コリー

移籍金市場価格
約8億4,500万円
前所属:ゲンク(~2018)
国籍:ガンビア
年齢:27歳
身長:191cm/体重87Kg
背番号:15番
ポジション:DF

フィンランド、スウェーデンのクラブで経験を積み、ベルギーの名門ゲンクに移籍。

次なるクリバリとも称され、スピードと高さを併せ持ったDF。

ドリブル阻止率が高い。

5位:バルトシュ・ベレシンスキ

移籍金市場価格
約9億6,600万円
前所属:レギア・ワルシャワ(~2017)
国籍:ポーランド
年齢:27歳
身長:182cm/体重77Kg
背番号:24番
ポジション:DF

ポーランドのクラブレギア・ワルシャワではヨーロッパリーグにも出場。

ローマやインテル等のセリエAの強豪も興味を持つとされる右サイドバック。

5位:ガストン・ラミレス

移籍金市場価格
約9億6,600万円
前所属:ミドルズブラ(~2017)
国籍:ウルグアイ
年齢:29歳
身長:183cm/体重78Kg
背番号:11番
ポジション:MF

2017-18シーズンに7シーズン振りにセリエAへ。(以前はボローニャ)

ウルグアイ代表としても活躍。

ポジションはセントラルMF。
トップ下のポジションで攻撃の中心を担えるような選手。

3位:ヤクブ・ヤンクト

移籍金市場価格
約14億5,000万円
前所属:ウディネーゼ(~2019)
国籍:チェコ
年齢:24歳
身長:184cm/体重70Kg
背番号:14番
ポジション:MF

チェコのスラヴィアプラハで育った。

各年代別代表ではどのカテゴリでも選出され2017年からはフル代表にも選出。

中央でもサイドでもプレー可能で、かなり精度の高い左脚を持つ。
ドリブル突破も得意。

3位:マノロ・ガッビアディーニ

移籍金市場価格
約14億5,000万円
前所属:サウサンプトン(~2019)
国籍:イタリア
年齢:28歳
身長:186cm/体重75Kg
背番号:23番
ポジション:FW

2017年から2019年まではサウサンプトンに所属しており吉田麻也と一緒にプレーしていた。
以前もサンプドリアに所属しており出戻りとなる。

センターフォワードとしてもウィングとしても、更にはセカンドトップのポジションでもこなすことが出来るので柔軟性のあるFWです。

スポンサーリンク

2位:カロル・リネティ

移籍金市場価格
約16億9,100万円
前所属:レフ・ポズナン(~2016)
国籍:ポーランド
年齢:25歳
身長:176cm/体重73Kg
背番号:7番
ポジション:MF

ポーランド代表としてEURO2016やロシアW杯等大きな大会に出場した経歴を持つ。
なお、そのロシアW杯では日本代表もこの選手に翻弄されている。

機を見て前線に飛び出す動き出しとタイミングが優れる。
球際にも強く、パスセンスも高い。
更にドリブル技術等の個人技もある優秀なMF。

1位:エミル・アウデロ

移籍金市場価格
約18億1,200万円
前所属:ユヴェントス(~2019)
国籍:イタリア
年齢:23歳
身長:192cm/体重83Kg
背番号:1番
ポジション:GK

ユヴェントスの下部組織で育ち19歳でトップチームデビューも果たす。
若くしてサンプドリア移籍直後から正GKの座をつかみ取る。

元イタリア代表GKブッフォンから多大が影響を受けたと話しており、将来のイタリア代表GK候補。

イタリア セリエAを見るならDAZN

  • サッカー好きの必須コンテンツ!!
  • Jリーグはもちろん海外サッカーも見放題!
    【UEFAチャンピオンズリーグ独占、プレミアリーグ、ラ・リーガ・セリエA、他】
  • トライアルで1カ月無料!見たいリーグのオフシーズンは休止も出来るので見ない時の支払いは不要!
    まずは1カ月の無料体験をお試しください!

↓公式サイトを見てみる↓

他代表・クラブの記事を見たい方はこちら

クラブ別

関連記事

ここでは、各国リーグ毎の選手移籍金市場価格をまとめた記事を公開しております。見たいリーグから、チームを選択して見ていただければと思います!※この頁の情報はドイツサッカー情報サイトtransfermarktで得ている情報となり[…]

代表別

関連記事

ここでは、各国代表毎の選手移籍金市場価格をまとめた記事を公開しております。記事にないクラブに関しては、Twitter上等でご依頼いただければ作成致しますのでよろしくお願い致します!※この頁の情報は海外サッカー情報サイトtra[…]

まとめ

90-91年シーズンにはセリエAを制した古豪サンプドリア。

今シーズンは22節終了時点で得点が22点、失点も37点で多いが得点も少ないという悪循環に陥っています。

そのサンプドリアを率いるエウゼビオ・ディフランチェスコ監督は、中田英寿が所属していた頃のローマを率いてスクデットを獲得した監督。

さすがに降格するわけにはいきません。
吉田麻也選手が加わったことで日本でも馴染み深いクラブとなったサンプドリアを注目していきましょう!

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!