2020年2月サッカーポーランド代表選手の移籍金市場価格ランキングトップ10

この記事では2020年2月時点、サッカーポーランド代表に選出されている選手の移籍金市場価格をランキング形式でまとめております!

EURO2020予選グループGを8勝1分1敗で1位突破したポーランド代表。

2018年ロシアW杯で日本代表と戦ったことも記憶に新しいです。

そのW杯以上に戦力が充実し、EURO予選の結果ではポーランド史上最高の勝率を残し本大会への切符をつかみ取っております!

そんなポーランド代表の注目選手を移籍金市場価格という観点からまとめていきます!

スポンサーリンク
この頁の情報は海外サッカーサイトtransfermarktを参考にしております。
※2020年2月18日時点
また、扱っている画像についてはご本人様やクラブ公式等、権利を有するTwitter投稿を引用させていただいております。

ポーランド代表移籍金市場価格

それではまずはトップ10以外の選手の一覧です!

pos./背番号選手名(年齢)所属クラブ移籍金市場価格
12位GK/22ラドスワフ・マイェツキ(20)レギア・ワルシャワ約5億9,400万円
13位FW/11カミル・グロシツキ(31)ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン約4億7,500万円
14位DF/16トマシュ・ケジオラ(25)ディナモ・キエフ約4億1,600万円
15位MF/6ヤツェク・ゴラルスキ(27)FCカイラト約3億5,600万円
15位FW/17ダミアン・カジョル(27)ディナモ・ザグレブ約3億5,600万円
15位DF/13アルカディウシュ・レツァ(24)S.P.A.L.約3億5,600万円
15位FW/18カミル・ジョジアク(21)レフ・ポズナン約3億5,600万円
19位MF/14マテウシュ・クリヒ(29)リーズ・ユナイテッド約2億9,700万円
19位DF/20ウカシュ・ピシュチェクドルトムント約2億9,700万円
21位MF/8ドミニク・フルマン(27)ヴィスワ・プウォツク約1億4,800万円
22位DF/3アルトゥル・イェンドジェイチク(32)レギア・ワルシャワ約1億100万円
23位DF/4チアゴ・ランジェウ・チョネク(33)S.P.A.L.約7,100万円

続いてトップ10の選手の紹介です!

9位:セバスチャン・シマンスキ

移籍金市場価格
約7億1,300万円
所属:ディナモ・モスクワ(ロシア)
年齢:20歳
身長:174cm/体重60Kg
背番号:19番
ポジション:MF

ポーランドの年代別代表ではU-16から常連。
U-21代表にも選ばれているが、飛び級でフル代表にも選出。

EURO2020では主に右ウィングとして出場した。

9位:クリスティアン・ビエリク

移籍金市場価格
約7億1,300万円
所属:ダービー・カウンティ(イングランド2部)
年齢:22歳
身長:189cm/体重78Kg
背番号:2番
ポジション:MF

昨シーズンまでアーセナルに所属していたが、出場機会には恵まれず期限付き移籍にバーミンガム、チャールトン等でプレイしていた。

中盤の底からゲームメイク出来る選手で、その体格から空中戦に強い。
守備面では積極的なプレスでチームに貢献。

9位:カミル・グリク

移籍金市場価格
約7億1,300万円
所属:ASモナコ(フランス)
年齢:32歳
身長:190cm/体重80Kg
背番号:15番
ポジション:DF

10年以上ポーランド代表の常連DF。

クラブでも代表でも最終ラインをレギュラーとして任されておりEURO2016でも出場。
ベテランメンバーの一人としてチームを牽引する。

スポンサーリンク

8位:ウカシュ・スコルプスキ

移籍金市場価格
約8億3,200万円
所属:ボローニャ(イタリア)
年齢:28歳
身長:187cm/体重84Kg
背番号:12番
ポジション:GK

ボローニャの守護神で冨安選手のチームメイト。

ローマに所属していた頃は試合に出場することはほとんど出来なかったがレンタル移籍で所属したエンポリではセリエA残留に貢献。

7位:ダヴィド・コフナツキ

移籍金市場価格
約8億9,100万円
所属:デュッセルドルフ(ドイツ)
年齢:22歳
身長:185cm/体重80Kg
背番号:21番
ポジション:FW

次世代のレヴァンドフスキと称されるセンターフォワード。

空中戦で強さを発揮し、ユース世代のポーランド代表では通算25ゴールを決めた。
2018年にフル代表デビューを果たす。

6位:ヤン・ベドナレク

移籍金市場価格
約17億8,300万円
所属:サウサンプトン(イングランド)
年齢:23歳
身長:190cm/体重77Kg
背番号:5番
ポジション:DF

グリクの相棒として頭角を表してきたセンターバック。

世界最高峰のプレミアリーグで揉まれながら実力をつける。
代表初ゴールは2018年ロシアW杯の日本戦…笑

5位:グジェゴシュ・クリホビアク

移籍金市場価格
約23億7,700万円
所属:ロコモティフ・モスクワ(ロシア)
年齢:30歳
身長:186cm/体重85Kg
背番号:7番
ポジション:MF

フランスにいた期間が長くパリ・サンジェルマンにも所属していた。

中盤で泥臭く走り続け献身的な姿勢を見せる。

相手チームのキーマンに対して果敢に挑む。
ボール奪取能力、瞬間的な機動力に定評がある。

4位:クシシュトフ・ピョンテク

移籍金市場価格
約32億1,000万円
所属:ヘルタ・ベルリン(ドイツ)
年齢:24歳
身長:183cm/体重77Kg
背番号:23番
ポジション:FW

2020年冬の移籍市場でACミランからヘルタ・ベルリンへ移籍。

コフナツキ同様新たなレヴァンドフスキと評される選手。
何人いるの?

自称プレースタイルはレヴァンドフスキではなくハリー・ケイン。

2位:ピオトル・ジエリンスキ

移籍金市場価格
約47億5,600万円
所属:ナポリ(イタリア)
年齢:25歳
身長:177cm/体重64Kg
背番号:20番
ポジション:MF

U-15からU-21までの全ての年代で代表に選出され、2013年には19歳でフル代表デビュー。

前所属のウディネーゼが獲得した時の金額の100倍の額でナポリに移籍したとされる。

ドリブルテクニックは超ワールドクラスで、シティのグアルディオラ監督に「今欧州で最も美しいサッカー。」と言わせる程。

もちろんシュート技術やパスセンスも一級品です。

2位:ヴォイチェフ・シュチェスニー

移籍金市場価格
約47億5,600万円
所属:ユヴェントス(イタリア)
年齢:29歳
身長:195cm/体重85Kg
背番号:1番
ポジション:GK

ユヴェントスで正GKを務める、とだけ書いても只者ではないことが伝わるのではないでしょうか。
その他アーセナルやローマでも活躍した。

GKとしてシュートをセーブする際のフォームは美しくGKのお手本となる動き。

スポンサーリンク

1位:ロベルト・レヴァンドフスキ

移籍金市場価格
約83億2,100万円
所属:バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)
年齢:31歳
身長:185cm/体重79Kg
背番号:9番
ポジション:FW

もはや説明不要のストライカー。
サッカーが少しでも好きな人であれば名前を聞いたことがない人はいないでしょう。

2015年にはブンデスリーガ史上最速となる3分22秒でハットトリックを決めたと思ったら、こちらもブンデスリーガ最速の8分59秒で5得点を決めた記録を持つ。

バロンドールを取ってもおかしくない程の選手であり、ブンデスリーガでは4期得点王に輝いている。

他代表・クラブの記事を見たい方はこちら

クラブ別

関連記事

ここでは、各国リーグ毎の選手移籍金市場価格をまとめた記事を公開しております。見たいリーグから、チームを選択して見ていただければと思います!※この頁の情報はドイツサッカー情報サイトtransfermarktで得ている情報となり[…]

代表別

関連記事

ここでは、各国代表毎の選手移籍金市場価格をまとめた記事を公開しております。記事にないクラブに関しては、Twitter上等でご依頼いただければ作成致しますのでよろしくお願い致します!※この頁の情報は海外サッカー情報サイトtra[…]

まとめ

世界トップレベルのプレミアリーグやセリエA、ブンデスリーガの最前線で活躍する選手が数多く在籍しており、グループステージ突破の有力候補でしょう!

なお、グループステージはグループEに所属し、スペイン・スウェーデン・プレーオフ勝者(ボスニア・ヘルツェゴビナ、スロバキア、アイルランド、北アイルランドのいずれか)と戦います。

やはり注目はレヴァンドフスキのプレーに集まるとは思いますが、チームとして全体を見るのも楽しめそうです!

スペインVSポーランドは見逃せませんね!

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!