2020年2月ボタフォゴ所属選手の移籍金市場価格ランキングトップ10

この記事では、2020年2月時点ブラジルリーグのサッカークラブ、ボタフォゴに所属する選手の移籍金市場価格についてまとめております!

このボタフォゴですが、元日本代表本田圭佑選手が移籍したことで注目を浴びることになりました。

2018年シーズンはリーグ8位、昨シーズンは15位に位置するクラブです。

クラブの所属選手トータルの移籍金市場価格についてはブラジルリーグ1部のクラブ20チーム中14番目になっており、Jリーグのクラブと比べても同程度となります。

このボタフォゴの移籍金市場価格から本田圭佑選手と一緒にプレイする注目選手はどの選手なのか、ということを見ていければと思います!

スポンサーリンク
この頁の情報は海外サッカーサイトtransfermarktを参考にしております。
※2020年2月2日時点
また、扱っている画像についてはご本人様やクラブ公式等、権利を有するTwitter投稿を引用させていただいております。

ボタフォゴ所属選手移籍金市場価格

それでは、まずはトップ10以外の選手の一覧です!

pos./背番号選手名(年齢)国籍移籍金市場価格
11位MF/28リュアン・カストロ(20)ブラジル約9,000万円
12位DF/13フェルナンド・コスタンツァ(21)ブラジル約8,400万円
13位DF/14マルセロ・ベネヴェヌト(24)ブラジル約7,800万円
14位DF/22ギレルメ・サントス(31)ブラジル約7,200万円
15位GK/12ジエゴ・カバリエり(37)ブラジル約6,000万円
15位MF/33マルコス・ヴィニシウス(25)ブラジル約6,000万円
15位FW/77ブルーノ・ナザーリオ(24)ブラジル約6,000万円
18位MF/29レアンドリーニョ(23)ブラジル約4,800万円
18位MF/?チアギーニョ(22)ブラジル約4,800万円
20位DF/?ルアン・レナート(26)ブラジル約4,200万円

14位のギレルメ選手は2018シーズンにジュビロ磐田でプレイしていた選手です。
15位のジエゴ・カバリエり選手は元リヴァプール。

それでは続いてトップ10の選手です!

9位:ボチェチャ

移籍金市場価格
約1億200万円
前所属:ボタフォゴユース(2017)
国籍:ブラジル
年齢:23歳
身長:173cm/体重不明
背番号:11番
ポジション:MF

ポジションはセントラルMF。

ボタフォゴユース上がりの選手。

9位:ジョエル・カルリ

移籍金市場価格
約1億200万円
前所属:キルメス(~2015)
国籍:アルゼンチン
年齢:33歳
身長:191cm/体重89Kg
背番号:3番
ポジション:DF

ポジションはセンターバック。

2017年シーズンから昨シーズンまではリーグ戦25試合~29試合の出場。

7位:フェルナンデス

移籍金市場価格
約1億800万円
前所属:ボタフォゴユース
国籍:ブラジル
年齢:24歳
身長:170cm/体重63Kg
背番号:不明
ポジション:MF

昨シーズンはブラジル2部のサンベントに期限付き移籍で所属していた。

ポジションは攻撃的MF。
背番号は不明だが、戻ったばかりでシーズン前だから決まってない??
情報が探しきれず…

7位:ダニーロ・バルセロス

移籍金市場価格
約1億800万円
前所属:アトレチコ・ミネイロ(~2020)
国籍:ブラジル
年齢:28歳
身長:186cm/体重75Kg
背番号:不明
ポジション:DF

2020シーズンからボタフォゴに移籍、ポジションは左サイドバック。

左サイド中盤でもプレイすることがあり、過去のシーズンでは1シーズン5得点前後ゴールを決めている。

スポンサーリンク

5位:アレックス・サンタナ

移籍金市場価格
約1億1,400万円
前所属:インテルナシオナル(~2018)
国籍:ブラジル
年齢:24歳
身長:191cm/体重81Kg
背番号:10番
ポジション:MF

ボランチのポジションでプレイする選手。

インテルナシオナルでは出場機会に恵まれなかったが、2018年シーズンにブラジル2部パラナで試合勘を得ると、2019年にはボタフォゴに完全移籍。

22試合5得点を記録し、攻守で活躍。

5位:シセロ・サントス

移籍金市場価格
約1億1,400万円
前所属:グレミオ(~2018)
国籍:ブラジル
年齢:35歳
身長:180cm/体重72Kg
背番号:不明
ポジション:MF

中盤より前のポジションは全てこなせるユーティリティープレイヤー。

サントス等の名門クラブ、ドイツブンデスリーガのクラブ含め数多くの移籍を繰り返してきた経験豊富な選手。

3位:ルイス・フェルナンド

移籍金市場価格
約1億2,000万円
前所属:アトレチコ・ゴイアニエンセ(~2017)
国籍:ブラジル
年齢:23歳
身長:178cm/体重66Kg
背番号:9番
ポジション:FW

まだ若い選手で、過去リーグ戦で上げたシーズン最多ゴール数は、アトレチコ・ゴイアニエンセ2017シーズン時代の9ゴール。

ボタフォゴに移籍してきてからは、試合にはコンスタントに出場しているがゴールは少ない。
使えそうな画像は後ろ姿しか見当たらず…笑

3位:本田 圭佑

移籍金市場価格
約1億2,000万円
前所属:フィテッセ(~2019)
国籍:日本
年齢:33歳
身長:182cm/体重74Kg
背番号:4番
ポジション:MF

日本では誰もが知るスーパースター。
元日本代表で、カンボジア代表監督も。

W杯3大会連続ゴールを達成し、現時点でアジア人のW杯最多得点記録を持つ。

ビッグクラブ、ACミランでは背番号10を背負った。
過去最高移籍金市場価格はCSKAモスクワ時代で約24億円。

サッカー以外にも経営者として等、多くの分野で活躍するカリスマ。

スポンサーリンク

2位:ロベルト・フェルナンデス

移籍金市場価格
約2億2,800万円
前所属:フィゲイレンセ(~2016)
国籍:パラグアイ
年齢:31歳
身長:191cm/体重86Kg
背番号:1番
ポジション:GK

パラグアイU-20代表、フル代表としても選出されプレイした経験有のゴールキーパー。
最近では2019年のコパ・アメリカでもパラグアイ代表として戦った。

ボタフォゴの正GKです。

1位:マルシーニョ

移籍金市場価格
約4億2,000万円
前所属:ボタフォゴユース(~2015)
国籍:ブラジル
年齢:23歳
身長:178cm/体重71Kg
背番号:昨シーズンは4番、本田圭佑加入後は不明
ポジション:DF

ボタフォゴの生抜き選手でポジションは右サイドバック。

2017シーズンは怪我で離脱を余儀なくされるが、2018年シーズンから主力として活躍し、度々得点・アシストを記録する。

他代表・クラブの記事を見たい方はこちら

クラブ別

関連記事

ここでは、各国リーグ毎の選手移籍金市場価格をまとめた記事を公開しております。見たいリーグから、チームを選択して見ていただければと思います!※この頁の情報はドイツサッカー情報サイトtransfermarktで得ている情報となり[…]

代表別

関連記事

ここでは、各国代表毎の選手移籍金市場価格をまとめた記事を公開しております。記事にないクラブに関しては、Twitter上等でご依頼いただければ作成致しますのでよろしくお願い致します!※この頁の情報は海外サッカー情報サイトtra[…]

まとめ


いよいよ決まった本田圭佑選手の新天地!

いろいろ調べてみましたが、情報が少なすぎて薄すぎるクラブ情報になってしまいました。
反省です。

ブラジルのクラブは上位のクラブと、下位のクラブでは所属選手の市場価格に圧倒的な開きが見られ、ボタフォゴはクラブワールドカップで準優勝のフラメンゴと比較すると7分の1程度です。

なおJリーグと比べると、Jリーグ移籍金市場価格7番手のヴィッセル神戸と同じくらい。(2020年2月時点)

とにかく、本田圭佑選手の活躍を期待しております!

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!