2020年2月サッカーオーストリア代表選手の移籍金市場価格ランキングトップ10

この記事では2020年2月時点、サッカーオーストリア代表に選出されるメンバーの移籍金市場価格をランキング形式でまとめております!

EURO2020予選グループGをポーランドに次ぐ2位で突破を決め、2大会連続3回目のEURO本戦出場となったオーストリア代表!

本戦ではグループCに属し、ウクライナ・オランダ・プレーオフD組勝者orルーマニアと決勝トーナメントをかけて戦います!

バイエルン・ミュンヘンのアラバを始め、ドイツブンデスリーガで活躍する選手を多数揃えオーストリア史上最高の陣容と呼び声高いチーム。

ウクライナ、オランダ共に強力なチームと戦うことになりますが、どこまで苦しめることが出来るかは見ものです。

そんなオーストリア代表選手の注目選手を移籍金市場価格という観点からまとめていきます!

スポンサーリンク
この頁の情報は海外サッカーサイトtransfermarktを参考にしております。
※2020年2月29日時点
また、扱っている画像についてはご本人様やクラブ公式等、権利を有するTwitter投稿を引用させていただいております。

オーストリア代表選手移籍金市場価格

それでは、まずはトップ10以外の選手の一覧です!

pos./背番号選手名(年齢)所属クラブ移籍金市場価格
11位FW/11ミヒャエル・グレゴリッチュ(25)シャルケ04約8億4,000万円
12位FW/20カリム・オニシウォ(27)FSVマインツ05約5億4,000万円
12位GK/1アレクサンダー・シュラガー(24)LASKリンツ約5億4,000万円
14位MF/23ルイス・シャウブ(25)ハンブルガーSV約4億8,000万円
15位MF/16トーマス・ゴイギンガー(26)LASKリンツ約4億2,000万円
16位MF/14ユリアン・バウムガルトリンガー(32)レバークーゼン約3億6,000万円
16位MF/6シュテファン・イルザンカー(30)フランクフルト約3億6,000万円
18位DF/2マクシミリアン・ウルマン(23)SKラピード・ウィーン約3億円
19位FW/19ルーカス・ヒンテルゼーア(28)ハンブルガーSV約2億4,000万円
20位DF/7ラインホルト・ランフトゥル(28)LASKリンツ約1億8,000万円
21位GK/13イェルク・ジーベンハンドゥル(30)SKシュトゥルム・グラーツ約1億2,000万円
22位GK/12パヴァオ・ぺルヴァン(32)VfLヴォルフスブルク約9,600万円
23位DF/17クリストファー・トリメル(33)FCウニオン・ベルリン約8,300万円

以上となります。

続いてトップ10の選手の紹介です!

10位:アレクサンダル・ドラゴヴィッチ

移籍金市場価格
約10億7,800万円
所属:レバークーゼン/ドイツ
年齢:28歳
身長:184cm/体重76Kg
背番号:3番
ポジション:DF

ポジションはセンターバック。

ハードなプレーが目立つ選手で、今シーズンリーグ戦では9試合出場でイエロー3枚、レッド1枚ものカードを貰う程。

9位:マクシミリアン・ウーバー

移籍金市場価格
約11億9,800万円
所属:ザルツブルク/オーストリア
年齢:22歳
身長:188cm/体重82Kg
背番号:4番
ポジション:DF

オランダのアヤックスや、スペインのセビージャ等を渡り歩いてきた選手。

オーストリアの各年代の代表でも活躍しており2017年に初フル代表に選出された。
2017-18シーズンには10代でオランダのリーグベストイレブンの選出された程。

8位:フィリップ・ラインハート

移籍金市場価格
約13億1,800万円
所属:SCフライブルク/ドイツ
年齢:23歳
身長:185cm/体重81Kg
背番号:15番
ポジション:DF

レアルマドリードの下部組織出身、コパ・デル・レイではトップチームのメンバーとしてもプレイした経験がある。

オーストリア代表でも各年代代表として選出されている。

スポンサーリンク

7位:シュテファン・ポッシュ

移籍金市場価格
約16億6,800万円
所属:ホッフェンハイム/ドイツ
年齢:22歳
身長:188cm/体重77Kg
背番号:5番
ポジション:DF

ユース世代の代表ではもちろん常連、そして2019年におこなわれたEURO2020予選でフル代表デビューを飾る。

チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグ等の大舞台でも出場したことがあり、若くして経験豊富なプレイヤー。

6位:ヴァレンティーノ・ラザロ

移籍金市場価格
約22億6,400万円
所属:ニューカッスル/イングランド
年齢:23歳
身長:180cm/体重76Kg
背番号:22番
ポジション:MF

右サイドハーフ、ウィングで活躍する選手。

スピードがあり、加速力もあるため右サイドを得意のドリブルを武器に駆け上がる。
また、クロスの精度もしっかりあり状況によっては切れ味鋭いスルーパスを選択することもある。

5位:マルコ・アルナウトヴィッチ

移籍金市場価格
約23億8,400万円
所属:上海上港/中国
年齢:30歳
身長:192cm/体重83Kg
背番号:7番
ポジション:FW

オーストリアのセンターフォワードでレギュラーとして活躍する。

大柄な体格ながら足元の技術はしっかりしており、得点だけでなくアシスト能力も高く万能型のプレースタイル。

若い頃は素行の悪さが度々報じられた。

4位:フロリアン・グリリッチュ

移籍金市場価格
約26億2,300万円
所属:ホッフェンハイム/ドイツ
年齢:24歳
身長:187cm/体重74Kg
背番号:10番
ポジション:MF

中盤の底から安定したゲームメイクを見せるMF。
得点こそないが、アシストでゴールに絡むプレーをする。

ドイツブンデスリーガでプロ生活を送り常に高いレベルの環境で揉まれてきた。

3位:コンラート・ライマー

移籍金市場価格
約27億4,200万円
所属:ライプツィヒ/ドイツ
年齢:22歳
身長:179cm/体重72Kg
背番号:18番
ポジション:MF

ボール奪取能力に長けた主にボランチのポジションが主戦場のMF。

クラブではUEFAチャンピオンズリーグ含め、今シーズンより主力として試合に出続ける。
プレシーズンではセンターバックも試されており、これからプレイ可能なポジションが増えるかも。

スポンサーリンク

2位:マルセル・ザビッツァー

移籍金市場価格
約47億6,900万円
所属:ライプツィヒ/ドイツ
年齢:25歳
身長:177cm/体重70Kg
背番号:9番
ポジション:MF

クラブでは中盤右サイドで出場するが、代表ではセントラルMFとして起用されることも多い。

サイドに流れてのクロスは精度が高く、中央からもFWの選手の位置を瞬時に把握したような的確なパスを供給する。

また、フリーキックの精度も高くミドルシュートもしっかり狙えるためキックの精度の高さが目立つ。

1位:ダヴィド・アラバ

移籍金市場価格
約77億4,700万円
所属:バイエルン・ミュンヘン/ドイツ
年齢:27歳
身長:180cm/体重76Kg
背番号:8番
ポジション:MF

ポジションをMFとしたが、これがクラブでの紹介であればDFと記載する。

右サイドとFW以外ならセンターバック含めどこでもこなせる器用さがあり真のオールラウンダー。

左脚の精度は抜群で、フリーキックでは無回転シュートも放てる。

グアルディオラ監督時代に、偽SBという概念を生み出した先駆者である。

他代表・クラブの記事を見たい方はこちら

クラブ別

関連記事

ここでは、各国リーグ毎の選手移籍金市場価格をまとめた記事を公開しております。見たいリーグから、チームを選択して見ていただければと思います!※この頁の情報はドイツサッカー情報サイトtransfermarktで得ている情報となり[…]

代表別

関連記事

ここでは、各国代表毎の選手移籍金市場価格をまとめた記事を公開しております。記事にないクラブに関しては、Twitter上等でご依頼いただければ作成致しますのでよろしくお願い致します!※この頁の情報は海外サッカー情報サイトtra[…]

まとめ

代表を指揮するフォーダ監督の方針が保守的なサッカーと言われており、オーストリア史上最高の陣容を活かしきれていないとサポーターの間から声が聞かれる。

もっとリスクを冒したサッカーをして見せても、高い攻撃力を見せることが出来るであろうメンバーなだけにもったいない気もする。

EURO予選では、守備的な形からカウンターを狙うサッカーを展開したがこのままのスタイルで本戦も戦い抜くのか、というところがオーストリアの試合を観る上で注目すべきところか。

スポンサーリンク

 

最新情報をチェックしよう!