2020年1月サッカーフィンランド代表選手の移籍金市場価格ランキングトップ10

この記事では2020年1月時点のサッカーフィンランド代表選手の移籍金市場価格をランキング形式でまとめております。

前回のトルコ代表の移籍金市場価格ランキングに次いでEURO2020出場国第2弾!

このフィンランド代表、実はEURO初出場であり人口550万人の小国です。

最新のFIFAランキングでは58位であり、現時点で本戦出場が決まっている国の中では一番低い順位です。

本戦ではグループBに所属しベルギー・ロシア・デンマークと争います。

そんなフィンランド代表の注目選手を移籍金市場価格という観点から見ていただき参考になればと思います!
なお、この記事の代表選手についてはEURO予選のギリシャ戦時点の情報となりますので本戦で選出される代表選手とは異なる場合があります。

スポンサーリンク
この頁の情報は海外サッカーサイトtransfermarktを参考にしております。
※2020年1月10日時点
また、扱っている画像についてはご本人様やクラブ公式等、権利を有するTwitter投稿を引用させていただいております。

フィンランド代表所属選手移籍金市場価格

まずはトップ10以外の選手の一覧です!

pos./背番号選手名(年齢)所属クラブ移籍金市場価格
11位DF/22ユッカ・ライタラ(31)モントリオール・インパクト約9,100万円
12位MF/19ヨニ・カウコ(29)エスビャウfB約7,200万円
12位FW/13ピュリュ・ソイリ(25)エスビャウfB約7,200万円
14位MF/11ラスムス・シュレル(28)ミネソタ・ユナイテッド約6,000万円
14位MF/21ロバート・テイラー(25)トロムソIL約6,000万円
16位DF/2パウルス・アラユーリ(31)パフォス約4,800万円
17位GK/23アンシ・ヤーコラ(32)ブリストル・ローヴァーズ約4,200万円
17位FW/20ラスムス・カルヤライネン(23)フォルトゥナ・シッタート約4,200万円
17位DF/5レオ・ヴァイサネン(22)デン・ボス約4,200万円
20位MF/14ティム・スパルフ(32)ミッティラン約3,600万円
20位DF/16ユハ・ピリネン(28)トロムソIL約3,600万円
22位DF/3ダニエル・オシャウグネシー(25)HJKヘルシンキ約2,400万円

それでは続いてトップ10です!

10位:ヨーナ・トイヴィオ

移籍金市場価格
約9,700万円
所属:BKヘッケン(スウェーデン)
年齢:31歳
身長:186cm/体重79Kg
背番号:4番
ポジション:DF

フィンランド代表のキャプテンであり、ポジションはセンターバック。

過去オランダのAZ等にも所属していたこともあり、フィンランド代表としては50試合以上に出場している。

8位:サウリ・ヴァイサネン

移籍金市場価格
約1億300万円
所属:キエーヴォ(イタリアセリエB)
年齢:25歳
身長:190cm/体重不明
背番号:15番
ポジション:DF

スウェーデンの強豪クラブAIKソルナで海外挑戦が始まった。

2016年からフル代表に選出されている。
ポジションはセンターバックだが、サイドバックとしてプレイすることも。

スポンサーリンク

8位:グレン・カマラ

移籍金市場価格
約1億300万円
所属:レンジャーズFC(スコットランド)
年齢:24歳
身長:181cm/体重78Kg
背番号:6番
ポジション:MF

イングランドプレミアリーグのアーセナル下部組織で育ちトップチームにも昇格した選手。

ポジションはDMF。
フィンランド国内では、バルセロナのブスケツに例えられている。

7位:シモン・スクラーブ

移籍金市場価格
約1億900万円
所属:IFKノルシェーピン(スウェーデン)
年齢:24歳
身長:174cm/体重70Kg
背番号:17番
ポジション:FW

EURO2020予選では3試合に出場したが得点は0点だった。

クラブでは主力として活躍しているが、シーズンを通してゴールとアシスト合計で10点くらい。

6位:トーマス・ラム

移籍金市場価格
約1億2,100万円
所属:PECズヴォレ(オランダ)
年齢:26歳
身長:188cm/体重73Kg
背番号:18番
ポジション:DF

フィンランドのセンターバック。

スタメンは勝ち取れてはいない。
EURO2020予選最終節では途中交代で試合出場。

5位:ロビン・ロド

移籍金市場価格
約1億4,600万円
所属:ミネソタ・ユナイテッド(アメリカ)
年齢:26歳
身長:180cm/体重76Kg
背番号:8番
ポジション:MF

フィンランドのヘルシンキというクラブの下部組織で育った選手。

2015年から2018年まではギリシャの名門クラブパナシナイコスにも所属していた。

2013年からフィンランド代表として活躍しており、2018FIFAワールドカップ予選では代表初ゴールを決めた。

スポンサーリンク

4位:フレドリク・イェンセン

移籍金市場価格
約3億400万円
所属:アウクスブルク(ドイツ)
年齢:22歳
身長:183cm/体重80Kg
背番号:9番
ポジション:MF

ユース時代にフィンランドのヘルシンキからオランダのトウェンテに移り2016年にトップチームでプロデビュー。

ポジションは攻撃的MFで得点に絡む活躍を見せる。

3位:イェッセ・ヨロネン

移籍金市場価格
約6億800万円
所属:ブレシア・カルチョ(イタリア)
年齢:26歳
身長:197cm/体重93Kg
背番号:12番
ポジション:GK

稲本潤一選手も所属していたイングランドのフラムの下部組織出身で2009年から2017年までトップチームに所属した。(ほとんどの期間を期限付き移籍で他クラブでプレイしたが)

今季、イタリアセリエAのブレシア・カルチョで正GKを務めるが、代表では絶対的守護神フラデツキーのセカンドGKとなっている。

2位:ルーカス・フラデツキー

移籍金市場価格
約9億7,300万円
所属:レバークーゼン(ドイツ)
年齢:30歳
身長:190cm/不明
背番号:1番
ポジション:GK

フィンランドの世代別代表常連選手で、2010年からはフル代表として活躍。

U-19の国際大会では大会優秀GKに選ばれる。

2015年から世界最高峰のブンデスリーガでフランクフルト、レバークーゼンでプレイするフィンランド代表の守護神。

1位:テーム・プッキ

移籍金市場価格
約12億1,600万円
所属:ノリッジ・シティ(イングランド)
年齢:29歳
身長:180cm/体重77Kg
背番号:10番
ポジション:FW

昨シーズンプレミアリーグで43試合出場で29得点、更にEURO2020予選では10得点を叩き出すほどの点取り屋。

フィンランドの試合を観るのであれば、この選手を注目することで楽しみが倍増するでしょう!

他代表・クラブの記事を見たい方はこちら

クラブ別

関連記事

ここでは、各国リーグ毎の選手移籍金市場価格をまとめた記事を公開しております。見たいリーグから、チームを選択して見ていただければと思います!※この頁の情報はドイツサッカー情報サイトtransfermarktで得ている情報となり[…]

代表別

関連記事

ここでは、各国代表毎の選手移籍金市場価格をまとめた記事を公開しております。記事にないクラブに関しては、Twitter上等でご依頼いただければ作成致しますのでよろしくお願い致します!※この頁の情報は海外サッカー情報サイトtra[…]

まとめ

予選はグループJを2位で通過。
1位はイタリアです!

フィンランドは戦術がチームに浸透しており、個で戦うというよりチームが一体となって戦い好成績を残しているチームと言われております。

この大会のダークホースとなることが出来るか期待です!

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!