2019-20シーズンラリーガ第1節『ビルバオ VSバルセロナ』レビュー

ついに開幕を迎えました!

2019‐20シーズンのラリーガ!

バルセロナの開幕戦の相手はアウェイでのアスレティック・ビルバオ戦になります!



スターティングイレブン


試合前にTwitter上で発表されていたバルセロナのスターティングイレブンです!

■GK
背番号1:テア・シュテーゲン
■DF
背番号2:ネルソン・セメド
背番号3:ジュラール・ピケ
背番号18:ジョルディ・アルバ
背番号15:ラングレ
■MF
背番号21:フレンキー・デ・ヨング
背番号20:セルジ・ロベルト
背番号19:アレニャ
■FW
背番号9:ルイス・スアレス
背番号17:アントワーヌ・グリーズマン
背番号11:デンベレ

ブスケツの出場は固いと思ってましたが、まさかのベンチメンバーでした。

配置はこんな感じ。

試合のダイジェスト

 前半

前半5分 ビルバオ
この試合最初のコーナーキックはビルバオ。
危なげなくデヨングのクリア

前半6分 ビルバオ
この試合最初のシュートはビルバオのウィリアムス。
枠内に鋭いシュート!
テア・シュテーゲンナイスセーブ!

前半14分 ビルバオ
オフサイドなしで裏に抜け出したウィリアムスのシュート!
これもテア・シュテーゲンがセーブ。

前半28分 バルセロナ
アレニャのスルーパスが綺麗に左サイドを走るジョルディアルバに通る。
そこから低いクロスを上げるも大きなチャンスには至らず。

前半31分 バルセロナ
ビルバオの痛恨のミスパスが、ゴール前のスアレスに通りスアレスこの試合最初のシュート!
惜しくもクロスバーに弾かれる!

前半35分 ビルバオ
ビルバオが短いパスでバルセロナ守備陣を崩し、シュートで終わる。
フィニッシュの精度を欠きテア・シュテーゲン危なげなくキャッチ。

前半37分 バルセロナ
OUT:ルイス・スアレス
IN・ラフィーニャ
※スアレス負傷交代

前半43分 バルセロナ
右サイドからラフィーニャの鋭いシュート!
キーパーがわずかに触り、ゴールポストに弾かれる。

前半はスコアレスドローで折り返し

後半

選手交代 バルセロナ
OUT:アレニャ
IN:ラキティッチ

後半51分 バルセロナ
外からすっとゴール前に入ってきたラフィーニャのシュート!
相手DFに阻まれる。

後半66分 ビルバオ
OUT:Oihan Sancet Tirapu
IN:デ・マルコス

後半75分 バルセロナ
OUT:セルジ・ロベルト
IN:カルレス・ペレス

後半79分 バルセロナ
ラフィーニャ個人プレイで2人抜いてシュート!
相手DFの足に当たりコーナーキック。

後半79分 ビルバオ
OUT:ウナイ・ロペス
IN:ベニャ・エチュバリア

後半87分 ビルバオ
OUT:ウィリアムス
IN:アドゥリス

後半88分 ビルバオ
右サイドのクロスから、アドゥリスのスーパーボレー!!
投入後すぐのスーパーゴール!
ビルバオ1-0バルセロナ

ハイライト動画

第1節対ビルバオ戦バルセロナ選手の評価

恐れ多くも、一つの企画としてバルセロナ選手の評価を勝手につけさせていただきます。

あくまでもサッカー大好きな素人目線なので、温かく見てやってください!



GK背番号1:テアシュテーゲン

評価点7.0

1失点を喫したものの危ない場面で何度もバルセロナゴールを守っていた。
あのゴールは仕方ないと思う。

DF背番号2:ネルソン・セメド

評価点5.0

可もなく不可もなく。
あまり特筆すべき点もないかな。

DF背番号3:ジュラール・ピケ

評価点6.0

最終ラインをしっかりコントロールし相手のチャンスをつぶしていた。
中央付近で仕掛けた一人オフサイドトラップは匠の技!

DF背番号18:ジョルディ・アルバ

評価点5.5

積極的に攻撃に絡んでいたがラストパスの精度に欠けていた印象。
グリーズマンとの連携に難有り。

DF背番号15:ラングレ

評価点5.5

ピケと共に最終ラインで相手の攻撃の芽を摘む。

MF背番号21:フレンキー・デ・ヨング

評価点6.0

ボールの中継地として機能したり、タメを作ったり等の仕事をこなす。
ただ、まだバルセロナのこの位置はブスケツのほうが機能しそう。

MF背番号20:セルジ・ロベルト

評価点5.0

あまり目立っていたという印象はなかった。
後半途中交代

MF背番号19:アレニャ

評価点6.5

この試合で一番チャンスメイクに積極的であり、得点を匂わせるようなパスも供給したのではないか。

FW背番号9:ルイス・スアレス

評価点4.5

交代直前のシュートは惜しかった。
負傷交代を余儀なくされたが、もう少し見たかった。

FW背番号17:アントワーヌ・グリーズマン

評価点4.0

周囲との連携に大いに課題が残るように見受けられた。
馴染むにはもっとプレイ時間が必要かなー?

FW背番号11:デンベレ

評価点0

驚くほど出来が悪かったと思う。
何故途中交代はデンベレじゃなかったのか。
ミス連発。
ベンチ入りしなかったが、コウチーニョが良かった。

MF背番号12:ラフィーニャ

評価点7.0

前半負傷したスアレスと交代で投入。
相手ゴールを脅かすシュートや、個人での突破等積極的な攻撃を見せてくれました!

MF背番号4:ラキティッチ

評価点5.5

後半開始から投入。
後半は前半よりもパスが回りバルセロナの時間帯が増えたが、大きく目立った活躍はなかった。

FW背番号27:カルレス・ペレス

評価点5.0

バルセロナBの選手。
こちらもあまり目立ったことは出来なかった。

この試合のMVP


■アドゥリス(ビルバオ)

もうこの試合全部持っていきました。

試合終了直前に入って速攻スーパーゴールを残すなんて、相手チームながら圧巻そのもの。
見てて思わず「おーーーー!」と声を上げちゃいました。

年齢は38歳で今季で引退とのことです。

感想・まとめ

今季バルセロナは黒星スタートです。

メッシがいない状況では、まだチームが出来上がっていないという印象でした。

パスサッカーを見ることは出来なく、個の力で打開するしかないという場面が数多くありました。

メッシがいれば…と思わせないようなサッカーを見せてくれないと、あと数年してメッシが引退した後のチームが心配でしょうがないです。

次戦はホームカンプノウでベティスを迎える一戦。
連敗スタートは絶対に避けてほしいものです!

なお、コウチーニョはバイエルンミュンヘンに移籍とのこと…
コウチーニョは好きな選手だったのでショック…



最新情報をチェックしよう!