上位3チームは全て勝利!!『2019年J1リーグ第30節ハイライト集』

この記事では11月1日~3日でおこなわれた2019年J1リーグ第30節のハイライトを出場選手の評価点トップ5と共にまとめております!

いよいよ、今シーズンも残り5節となりました!

トップ3は混戦、また9位のガンバ大阪からプレーオフ圏内の湘南ベルマーレまでも勝ち点差わずか4の中にいるという状況です!

それでは、見ていきます!
※評価点はsofascore上のものです。

スポンサーリンク

鹿島アントラーズVS浦和レッズ

鹿島アントラーズ1-0浦和レッズ

首位鹿島アントラーズと、12位浦和レッズの一戦。

拮抗した試合で進みますが、後半72分に途中出場のセルジーニョが試合を動かすゴールを決める!

これが決勝点となり、首位鹿島アントラーズが貴重な勝ち点3を重ねFC東京にプレッシャーをかけます!

この試合の選手評価点トップ5
順位クラブ選手名評価点
1位鹿島アントラーズMF三竿健斗8.0
2位鹿島アントラーズDFブエノ7.6
3位鹿島アントラーズGKクォン・スンテ7.5
4位鹿島アントラーズMFセルジーニョ7.4
4位浦和レッズDF橋岡大樹7.4

ヴィッセル神戸VSベガルタ仙台

ヴィッセル神戸2-0ベガルタ仙台

10位ヴィッセル神戸と、11位ベガルタ仙台。
この両チームは勝ち点35で並ぶクラブ同士!

ホームのヴィッセル神戸は前半と後半に1点ずつ小川選手が取り、勝ち点を38まで伸ばす結果となりました!

この試合の選手評価点トップ5
順位クラブ選手名評価点
1位ヴィッセル神戸FW小川慶治朗8.3
1位ヴィッセル神戸DF大崎玲央8.3
3位ヴィッセル神戸MFアンドレス・イニエスタ8.0
4位ベガルタ仙台DF永戸勝也7.7
5位ヴィッセル神戸FW古橋享梧7.6

サガン鳥栖VS横浜Fマリノス

サガン鳥栖1-2横浜Fマリノス

残留争いをしている15位サガン鳥栖と、3位横浜Fマリノス。

ホームのサガン鳥栖は、横浜Fマリノスに2点のリーグを許す状況に。

後半62分に1点返し、効果的な攻撃を見せるも、マリノスはしっかり守り切り首位鹿島アントラーズに食らいつきます!

この試合の選手評価点トップ5
順位クラブ選手名評価点
1位サガン鳥栖MF原川力8.3
2位横浜FマリノスDFテーラトン・ブンマタン7.9
3位サガン鳥栖GK高丘陽平7.7
4位横浜FマリノスDFチアゴ・マルチンス7.5
5位横浜FマリノスFWエリキ7.4
5位横浜FマリノスMF遠藤渓太7.4
スポンサーリンク

北海道コンサドーレ札幌VS名古屋グランパス

北海道コンサドーレ札幌3-0名古屋グランパス

先日ルヴァンカップで激戦を繰り広げた8位コンサドーレ札幌と、14位名古屋グランパス。

名古屋グランパスは決定機でのミスが目立ち得点が決められない。

一方のコンサドーレ札幌は安定した試合運びと、攻撃的なサッカーで3得点を叩き込み勝利となる!

この試合マッチレビュー

関連記事

この記事では、2019年11月2日(土)におこなわれたJ1リーグ第30節『北海道コンサドーレ札幌VS名古屋グランパス』のマッチレビューをまとめております!ルヴァンカップでは川崎フロンターレ相手に延長120分でも決着がつかず、PK戦で[…]

この試合の選手評価点トップ5
順位クラブ選手名評価点
1位コンサドーレ札幌FW鈴木武蔵8.3
2位コンサドーレ札幌MF深井一希7.7
3位名古屋グランパスMF長谷川アーリアジャスール7.6
4位コンサドーレ札幌DF福森晃斗7.5
5位名古屋グランパスMFエドゥアルド・ネット7.4

清水エスパルスVSジュビロ磐田

清水エスパルス1-2ジュビロ磐田

13位清水エスパルスと最下位ジュビロ磐田の静岡ダービー。

ジュビロ磐田は、ボール支配率74%でシュート数は清水エスパルスの倍放つ等優位に試合を進める。

同点で迎えた後半86分に勝ち越しゴールが決まりジュビロ磐田は残留に向け望みを残す勝ち点3です!

この試合の選手評価点トップ5
順位クラブ選手名評価点
1位ジュビロ磐田FWルキアン7.8
2位ジュビロ磐田FWアダイウトン7.7
2位ジュビロ磐田MF山本康裕7.7
4位清水エスパルスDF二見宏志7.6
5位ジュビロ磐田MF藤川虎太朗7.3

セレッソ大阪VS松本山雅FC

セレッソ大阪1-1松本山雅FC

5位セレッソ大阪と、17位松本山雅FCの対戦。
セレッソ大阪は3位以内を狙うためにも、そして松本山雅は残留のためにも勝ち点3が必須な状況。

ホームセレッソが先制するが、松本山雅は後半に意地の同点!

試合はこのまま終了し両チーム勝ち点1を分け合う結果に!

この試合の選手評価点トップ5
順位クラブ選手名評価点
1位松本山雅FCMF杉本太郎8.1
2位セレッソ大阪MFソウザ7.9
3位セレッソ大阪DFマテイ・ヨニッチ7.4
4位セレッソ大阪DF松田陸7.3
4位松本山雅FCMF高橋諒7.3
4位松本山雅FCMF藤田息吹7.3
スポンサーリンク

川崎フロンターレVSサンフレッチェ広島

川崎フロンターレ2-1サンフレッチェ広島

ルヴァンカップを制した6位川崎フロンターレと、4位サンフレッチェ広島の上位対決。

田中碧選手の素晴らしいミドルで先制した川崎フロンターレ。

同点に追いつかれるも、後半84分に勝ち越した川崎フロンターレ!
4位に浮上です!

この試合の選手評価点トップ5
順位クラブ選手名評価点
1位サンフレッチェ広島DF佐々木翔7.5
2位サンフレッチェ広島FWレアンドロ・ペレイラ7.4
3位サンフレッチェ広島DF荒木隼人7.3
4位川崎フロンターレMF大島僚太7.2
4位川崎フロンターレMF山村和也7.2
4位川崎フロンターレDF奈良竜樹7.2

大分トリニータVSFC東京

大分トリニータ0-2FC東京

7位大分トリニータと2位FC東京。

アウェイのFC東京は開始10分以内に2点を決める。

その後の展開は、大分トリニータのほうがボールを支配する展開となるがFC東京の勝利で終わります。

この試合の選手評価点トップ5
順位クラブ選手名評価点
1位FC東京DF渡辺剛7.7
2位FC東京MF橋本拳人7.6
3位FC東京MF髙萩洋次郎7.5
3位大分トリニータDF磐田智輝7.5
3位大分トリニータDF鈴木義宜7.5
3位大分トリニータDF三竿雄斗7.5

湘南ベルマーレVSガンバ大阪

湘南ベルマーレ0-3ガンバ大阪

16位湘南ベルマーレと、9位ガンバ大阪の一戦。

湘南ベルマーレは17本ものシュートを放つも決められず!

一方のガンバ大阪はきっちり3得点で勝利し、湘南ベルマーレはここに来て5連敗!
8戦勝利なしと泥沼状態。

この試合の選手評価点トップ5
順位クラブ選手名評価点
1位ガンバ大阪FW宇佐美貴史8.6
2位ガンバ大阪GK東口順昭7.6
3位ガンバ大阪DF藤春廣輝7.5
3位ガンバ大阪MF遠藤保仁7.5
3位湘南ベルマーレDF杉岡大暉7.5

J1リーグ第30節終了時点順位表

いよいよ残り4節です!

今節は上位3チームは全て勝利!
そして残留争いでは最下位ジュビロ磐田は勝利、松本山雅は引き分けで勝ち点1、11位浦和レッズ~15位サガン鳥栖は敗退するという状況で、依然混沌としています!

ヴィッセル神戸とガンバ大阪は一歩抜け出したか!?

なお、次節第31節は11月9日から始まりますが、ACLの日程の都合上、サンフレッチェ広島と浦和レッズの試合は既におこなわれており、引き分けで終わっております!

スポンサーリンク

 

最新情報をチェックしよう!