トップ3が揃って足踏み!『2019年J1リーグ第27節ハイライト集』

本日は2019年9月28日(土)~29日(日)でおこなわれたJ1リーグ第27節の結果を、出場選手で評価が高かった選手と一緒にまとめていきたいと思います!

優勝争いも、残留争いもわからなくなってきており、だからこそ面白さを増すJ1リーグの後半戦です!

今節の注目は大阪ダービーでしょうか?

熱い試合が各地でおこなわれました!

それでは見ていきましょう!



セレッソ大阪VSガンバ大阪

セレッソ大阪3-1ガンバ大阪

6位セレッソ大阪と12位ガンバ大阪の大阪ダービーです。

今節注目の一戦でしたが、開始から10分でセレッソが2点を先制!

ポゼッション、シュート数でガンバ大阪はセレッソを大きく上回るも決定力を欠き痛い敗戦となりました。

この試合の選手評価点トップ5
順位クラブ選手名評価点
1位セレッソ大阪DFマテイ・ヨニッチ8.2
2位セレッソ大阪MFソウザ7.9
3位セレッソ大阪MF水沼宏太7.4
4位セレッソ大阪DF松田陸7.3
4位セレッソ大阪FWブルーノ・メンデス7.3

サガン鳥栖VS浦和レッズ

サガン鳥栖3-3浦和レッズ

15位の浦和レッズと、16位サガン鳥栖の残留争い。

浦和レッズが2点先取するが、後半だけでサガン鳥栖は3点決め逆転に成功する!

しかし、アディショナルタイムが6分と長く最後の最後で浦和にPKを与えてしまい引き分けで勝ち点1を分け合う結果に。

浦和2点目の長澤選手のゴールは一見の価値ありです!

この試合の選手評価点トップ5
順位クラブ選手名評価点
1位サガン鳥栖MF原川力7.5
2位浦和レッズFW武藤雄樹7.4
2位浦和レッズFW杉本建勇7.4
4位サガン鳥栖MFイサック・クエンカ7.3
5位サガン鳥栖FW金崎夢生7.2

鹿島アントラーズVS北海道コンサドーレ札幌

鹿島アントラーズ1-1コンサドーレ札幌

2位で首位FC東京に勝ち点差1で迫る鹿島アントラーズと、3位ACL圏内を狙う7位北海道コンサドーレ札幌。

試合は、札幌DF進藤選手が先制点を決めるも、後半セルジーニョの技ありゴールで同点に追いつかれ引き分けとなりました。

■詳細レビューはよかったらこちらを!

関連記事

本日は、2019年9月28日におこなわれたJ1リーグ第27節鹿島アントラーズ対北海道コンサドーレ札幌の試合のマッチレビューを書いていこうと思います!前節はベガルタ仙台戦にホーム厚別で敗れてしまったコンサドーレ札幌。代表選手が[…]

この試合の選手評価点トップ5
順位クラブ選手名評価点
1位鹿島アントラーズDF永木亮太7.9
2位鹿島アントラーズMFセルジーニョ7.6
3位鹿島アントラーズDFブエノ7.4
4位コンサドーレ札幌MF白井康介7.4
4位コンサドーレ札幌DFキム・ミンテ7.4




川崎フロンターレVSヴィッセル神戸

川崎フロンターレ1-2ヴィッセル神戸

前節勝利したものの、直近の勝率としては良いとは言えない4位川崎フロンターレと、最近好調9位のヴィッセル神戸。

この試合、実は川崎フロンターレはヴィッセル神戸の3倍以上の17本シュートを放っております。

しかし、後半アディショナルタイムで1点返すに留まりヴィッセル神戸の勝利です。

やっぱりイニエスタって、蹴ってから20秒くらい先の未来が見えるかのようなパスですね。

この試合の選手評価点トップ5
順位クラブ選手名評価点
1位ヴィッセル神戸DFトーマス・フェルメーレン7.6
2位川崎フロンターレMF長谷川竜也7.5
3位ヴィッセル神戸DF大崎玲央7.4
4位ヴィッセル神戸FWダビド・ビジャ7.3
4位ヴィッセル神戸MFアンドレス・イニエスタ7.3
4位ヴィッセル神戸MFセルジ・サンペール7.3
4位川崎フロンターレMF田中碧7.3

大分トリニータVSジュビロ磐田

大分トリニータ1-2ジュビロ磐田

8位大分トリニータと、崖っぷち最下位ジュビロ磐田。

後半アディショナルタイムで勝ち越しゴールを上げたジュビロ磐田は7試合振りの勝利です!

この試合の選手評価点トップ5
順位クラブ選手名評価点
1位ジュビロ磐田MF山本康裕8.6
2位大分トリニータFW三平和司7.7
3位ジュビロ磐田MF松本昌也7.6
4位大分トリニータMF小林成豪7.5
5位ジュビロ磐田DF藤田義明7.1

ベガルタ仙台VS横浜Fマリノス

ベガルタ仙台1-1横浜Fマリノス

14位ベガルタ仙台と、3位横浜Fマリノス。

横浜はボール支配率71%と驚異的なポゼッションでゲームを進める。

前半先制点を決めた横浜でしたが、後半89分に仙台に同点ゴールを許す!

残り数分横浜は怒涛の攻撃を見せるが仙台守備陣がしっかり守り切り横浜3連勝でストップです。

この試合の選手評価点トップ5
順位クラブ選手名評価点
1位ベガルタ仙台DF永戸勝也7.8
2位ベガルタ仙台GKヤクブ・スウォビィク7.5
3位ベガルタ仙台FWハモン・ロペス7.2
3位ベガルタ仙台FW長沢駿7.2
3位横浜FマリノスMFマテウス7.2




サンフレッチェ広島VS名古屋グランパス

サンフレッチェ広島1-1名古屋グランパス

5位サンフレッチェ広島と、残留争いの中先日風間監督が解任された11位名古屋グランパス。

前半1-1で折り返しますが、後半はスコアが動かずドロー。

この試合の選手評価点トップ5
順位クラブ選手名評価点
1位サンフレッチェ広島MFハイネル7.4
2位サンフレッチェ広島DF野上結貴7.3
2位サンフレッチェ広島DF佐々木翔7.3
4位サンフレッチェ広島MF森島司7.2
4位名古屋グランパスFWジョー7.2

松本山雅FC VS FC東京

松本山雅FC0-0FC東京

首位FC東京と、17位降格圏内の松本山雅FCとの一戦。

どちらからしても勝ち点3が喉から手が出る程欲しい状況。

どちらもゴールに結びつくようなチャンスを演出するもスコアレスドロー。

FC東京のほうが優勢には見えますが、どちらが勝ってもおかしくないと思える試合だったかと思います。

この試合の選手評価点トップ5
順位クラブ選手名評価点
1位松本山雅FCDF飯田真輝7.6
2位FC東京GK林彰洋7.5
3位FC東京DF室谷成7.4
3位FC東京DF森重真人7.4
3位松本山雅FCMF町田也真人7.4

湘南ベルマーレVS清水エスパルス

湘南ベルマーレ0-6清水エスパルス

13位湘南ベルマーレが、10位清水エスパルスをホームに迎えての一戦。

湘南ベルマーレは前半だけで4失点。
しかも前半40分から前半終了にかけて3失点と守備が崩壊しました。

清水エスパルスは後半も2得点を加え、合計6得点で完封勝利と圧巻です!

この試合の選手評価点トップ5
順位クラブ選手名評価点
1位清水エスパルスMF西澤健太9.4
2位清水エスパルスDFエウシーニョ9.3
3位清水エスパルスFWドウグラス8.8
4位清水エスパルスMF河井陽介7.7
5位清水エスパルスGK大久保択生7.5

J1第27節終了時点順位表

上位3チームが全て引き分けとなり、トップ3に動きはありませんでしたがセレッソ大阪が猛追しております!

残留争いでは、清水エスパルスが一歩抜け出したか!?

11位名古屋以下のクラブは予断の許さない状況が続いております。

次節は10月4日(金)~6日(日)で28節がおこなわれます!

■前節の記事はこちら

関連記事

本日は2019年9月13日(金)~9月14日(土)でおこなわれたJ1リーグ第26節の各試合の結果をまとめていきます!首位FC東京、そして2位鹿島アントラーズの一戦!ガンバ大阪とサガン鳥栖の残留争い直接対決の結果は!?[…]

最新記事の更新はTwitterでお知らせしておりますので、よかったら下のTwitterリンクからフォローいただけると嬉しいです!



最新情報をチェックしよう!