2019-20シーズンラリーガ第6節『バルセロナVSビジャレアル』レビュー

22日に前節が終わったばかりだと思ってたのに、今朝もおこなわれたラリーガ第6節のバルセロナVSビジャレアル。

前節はアウェイで昇格組のグラナダ相手に2-0と完敗を喫し各紙面に酷評される中で臨むこととなったホーム戦となります!

前節ではショートカウンターを多く与えてしまうような中盤でのボールロスが目立ったり、選手間の連携が上手くいかず、ボールを回すもシュートで終われない等課題が散見されたように感じます。

中2日でどのように改善し今日の試合に臨むのか、というところが一つの見どころだった試合かと思います!

それでは見ていきます!

スポンサーリンク

バルセロナスターティングイレブン

以上のようなスターティングメンバーとなりました!

GK:1番テアシュテーゲン
DF:2番ネルソン・セメド
DF:3番ジュラール・ピケ
DF:15番クレマン・ラングレ
DF:24番ジュニオール・フィルポ
MF:5番セルヒオ・ブスケツ
MF:8番アルトゥール
MF:20番セルジ・ロベルト
FW:17番アントワーヌ・グリーズマン
FW:9番ルイス・スアレス
FW:10番リオネル・メッシ

ついに待ちに待ったメッシが今季初スタメンで起用です!

また、サブメンバーの注目としてはデンベレが復帰したこと、そしてラキティッチはサブにも入っていないことです。

スタートからメッシ、スアレス、グリーズマンのトリオを見るのは初めてなので、どのような攻撃を見せてくれるのか期待を高める発表でした!

でも個人的にはやっぱりグリーズマンは中央で使ってほしいので、デンベレ、グリーズマン、メッシで見て見たかったですが…笑

試合ダイジェスト

それでは前後半をダイジェスト形式で簡単にまとめます。

前半

前半5分 バルセロナ
メッシのコーナーキックから、綺麗にグリーズマンが頭で合わせて先制!
バルセロナ1-0ビジャレアル

前半14分 バルセロナ
アルトゥールがペナルティエリア外からミドルシュート!
ゴラッソ!!
キーパーほぼ動けず!
バルセロナ2-0ビジャレアル

前半43分 ビジャレアル
アルトゥールのお返しとばかりにビジャレアルのカソルラのミドルシュート!
バルセロナゴールに突き刺さる!
バルセロナ2-1ビジャレアル

前半総括

前半戦スタッツ
バルセロナ2-1ビジャレアル
51%ボール支配率49%
4(2)シュート数(枠内)6(1)
307(89%)パス(成功率)272(89%)
3コーナーキック3

前半で2得点を決めたバルセロナ。

1点目、2点目共に素晴らしいシュートでした!

メッシがグリーズマンをネイマール獲得資金を得るために放出を希望している。という本当かどうかわからない悪いニュースも出ておりましたが、グリーズマンが点を決めたあと、アシストとしてのコーナーキックを蹴ったメッシと抱き合う姿があり、それを見て勝手にホッとした自分がいます笑

試合は前節のグラナダとビジャレアルの決定的な戦略の違いとしては、積極的にプレスをかけて高い位置でボールを奪おうとしてこないように見えました

結果試合の立ち上がりはバルセロナ側でボールが良く回り、早い段階で2得点上げることが出来たかと思います。

しかし、2得点決められたあとからビジャレアルは本領発揮です。

ビジャレアルはバルセロナサイドでボールが回るようになり、自分たちのペースで試合が出来るように展開する。

結果、前半終了間際にカソルラの綺麗なミドルシュートが決まり1点返すことに成功しました。

スポンサーリンク

後半

後半開始早々メッシ⇒デンベレ交代。
メッシは前半のプレイで太ももに違和感を覚え交代となりました。
来週にはCLインテル戦も控えているので大事に至ってなければ良いですが…

後半46分 バルセロナ
デンベレが左サイドで持ち味のスピードを最大に活かしたドリブル突破!
そこからセンタリングを入れるも、グリーズマンが空振り。

後半89分 バルセロナ
アンスファティのドリブルからペナルティエリア前でフリーキック。
キッカーはピケ。
スピードはあったがコースが甘いシュートで難なくセーブ。

後半総括

後半戦スタッツ
バルセロナ2-1ビジャレアル
64%ボール支配率36%
4(2)シュート数(枠内)5(2)
331(87%)パス(成功率)183(77%)
3コーナーキック2

バルセロナのほうが前半以上にゲームを支配したような数字に見えますが、実態はそんなことはありません。

見ててヒヤッとする場面は何度か訪れました。

ビジャレアルにゴールが訪れそうな予感を思わせる時間帯があり、DFラインを崩される危ない場面もありました。

今日の試合、なんとか勝利した、という印象です。

しかし、スアレスに代わってアンスファティが入ったあとは、アンスファティの積極的なドリブルでチャンスメイクを試みる場面もあり面白い試合展開が出来ていたように思えました。

やっぱり、一回スアレスなしで試合してみてもいいんじゃないかなー

ハイライト動画

※動画のサムネイルをクリックし、出てきたリンク先のyoutubeで再生されます!

この試合バルセロナの選手評価点

この試合の海外サイトsofascore上でのバルセロナ所属選手評価点を以下に記載しておきます!

バルセロナ選手の評価点
MFアルトゥール8.0
FWグリーズマン7.3
DFクレマン・ラングレ7.3
DFジェラール・ピケ7.2
DFネルソン・セメド7.2
MFセルヒオ・ブスケツ7.0
FWウスマン・デンベレ(IN46’)7.0
FWリオネル・メッシ(OUT46’)6.8
FWアンス・ファティ(IN78’)6.8
DFジュニオール・フィルポ6.7
MFフレンキー・デ・ヨング(IN63’)6.7
MFセルジ・ロベルト(OUT63’)6.6
FWルイス・スアレス(OUT78’)6.6
GKテアシュテーゲン6.1

アルトゥール

バルセロナ2点目のミドルシュートはキーパーも動けないスーパーゴール!

攻守において貢献し、この試合のバルセロナ内ベストプレイヤーではないでしょうか?

スポンサーリンク

ウスマン・デンベレ

賛否ありましたデンベレですが、この試合は悪くない活躍だったと思います。

持ち味のスピードを活かし初速で相手DFを置き去りにするドリブルは健在!

何度も仕掛けていく場面があり、今日のデンベレがボールを持つと期待感が沸いてきました。

しかし、ラストパスの精度だけ若干の難ありかと!

2019-20シーズンバルセロナ得点者ランキング

得点者総得点
FWグリーズマン3
MFアルトゥール2
FWアンス・ファティ2
FWルイス・スアレス2
FWカルレス・ペレス1
MFアルトゥーロ・ビダル1
MFフレンキー・デ・ヨング1
DFジョルディ・アルバ1
DFジュラール・ピケ1
なんだかんだグリーズマンが一番決めてますねーー

まとめ

この記事を書いている時点で、第6節は3試合しか消化されてはいませんが、ビジャレアルに勝利したことにより、バルセロナは暫定4位まで上がってきました!

次節は、アウェイでヘタフェと9月28日に対戦。
ここはアウェイで勝ててないバルセロナという見られ方を払拭しなければならない試合!

更に間をおかずに、10月3日にホームカンプノウでUEFAチャンピオンズリーグ第2節インテル戦。
初戦引き分けで終わっており、まずは勝ち点3を取っておかなければ厳しくなります!

そしてそして、10月7日には第8節、ホームで好調セビージャと対戦!

ここまでは休む間もなく3連戦が続きます!

セビージャ戦が終われば、一息つける状況にはなりますがそれまでは総力戦となるでしょう!

メッシの状態も心配ではありますが、バルセロナファンみんなで応援していきましょう!!

■前節の記事はこちらから

関連記事

本日は日本時間9月22日(日)4:00におこなわれたラリーガ第5節グラナダVSバルセロナのマッチレビューを書いていきます!前節、守備に課題を残したものの強豪バレンシアに5-2と大量得点で勝利したバルセロナ!続くチャンピオンズ[…]

もし、記事を読んで面白いと感じていただけたら、更新時Twitterでお知らせしておりますので、下のほうのTwitterリンクからフォローいただけると嬉しいです!

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!