2019年11月欧州から見た横浜Fマリノス選手の市場価格ランキングトップ10

この記事では、欧州から見た横浜Fマリノス所属選手の移籍金市場価格についてまとめております!

横浜マリノスの注目選手を調べる時にも、これを一つの基準として参考にしていただけたらと思います!

第30節が終わって、勝ち点差1で鹿島アントラーズ、FC東京を追う3位横浜Fマリノス!

ヴィッセル神戸所属、元スペイン代表であり元バルセロナ所属のビジャ選手が日本のクラブで手強いと感じたクラブに挙げた横浜Fマリノス。

直近5試合では4勝1分と波に乗っているクラブです!

そんな横浜Fマリノス所属選手の欧州から見た移籍金市場価格をランキング形式でまとめておりますので、暇つぶしにでも見て行ってください!

スポンサーリンク

横浜Fマリノス所属選手移籍金市場価格

まずはトップ10以外の選手を一覧でまとめます!

ポジション選手名(年齢)移籍金市場価格
11位DFドゥシャン・ツェティノヴィッチ(30)約8,400万円
11位MF遠藤 渓太(21)約8,400万円
13位FW李 忠成(33)約7,200万円
13位DF畠中 槙之輔(24)約7,200万円
13位FWマテウス(25)約7,200万円
13位MF渡辺 皓太(21)約7,200万円
17位MF大津 祐樹(29)約6,000万円
17位GK朴 一圭(29)約6,000万円
17位MF泉澤 仁(27)約6,000万円
17位DF広瀬 陸斗(24)約6,000万円

最近日本代表に選出され、海外の目にも入るようになった畠中選手はこれから更に上がってくる気がします!

それでは続いてトップ10を見ていきます!

7位:喜田 拓也

移籍金市場価格
約9,600万円
前所属:ずっと横浜Fマリノス
年齢:25歳
身長171cm/体重64Kg
ポジション:MF

小学生から横浜Fマリノスの下部組織に所属。

トップ下やボランチでプレイする選手。

7位:テーラトン・ブンマタン

移籍金市場価格
約9,600万円
前所属:ムアントン・ユナイテッド(レンタル移籍中)
国籍:タイ
年齢:29歳
身長171cm/体重62Kg
ポジション:DF

北海道コンサドーレ札幌に所属するチャナティップ選手とはタイ代表で一緒にプレイ。

タイにいた時にはACLに出場し主力として活躍した経験もある。

スポンサーリンク

7位:和田 拓也

移籍金市場価格
約9,600万円
前所属:サンフレッチェ広島(~2018)
年齢:29歳
身長170cm/体重63Kg
ポジション:DF

東京ヴェルディでキャリアをスタートさせ、U22代表等にも選出。

両サイドバック、ボランチと複数ポジションをこなすことが出来るユーティリティープレイヤー。

7位:松原 健

移籍金市場価格
約9,600万円
前所属:アルビレックス新潟(~2016)
年齢:26歳
身長180cm/体重77Kg
ポジション:DF

大分トリニータの下部組織で育ち2011年にトップチームに昇格。

サイドバックとして守備でももちろん、攻撃面でも高いクロスの精度を持ちチームに貢献する。

6位:チアゴ・マルチンス

移籍金市場価格
約1億800万円
前所属:SEパルメイラス(レンタル移籍中)
国籍:ブラジル
年齢:24歳
身長185cm/体重76Kg
ポジション:DF

昨シーズン8月から1年半の期限付き移籍でマリノスに所属。

自身の特徴はビルドアップや1対1のデュエルと話す。

畠中選手とCBでコンビを組み、背後のケアをし相手の攻撃を潰す。

4位:仲川 輝人

移籍金市場価格
約1億4,400万円
前所属:ずっと横浜Fマリノス
年齢:27歳
身長161cm/体重57Kg
ポジション:FW

町田ゼルビアやアビスパ福岡でもレンタル移籍でプレイした。

今季は自身初となる2桁ゴールを決め記録更新中!

個人的な見解だが、最近覚醒した感がある。

ゴールを決めるられるポジショニングを取るのが上手く、DFを抜ききらずとも決めたシュートも見せ、最近はマリノスサポーターならずともJリーグを見ている人であれば注目せざるを得ない活躍!

スポンサーリンク

4位:扇原 貴広

移籍金市場価格
約1億4,400万円
前所属:名古屋グランパス(~2016)
年齢:28歳
身長185cm/体重74Kg
ポジション:MF

横浜マリノス移籍後はコンスタントに試合に出続ける中盤の選手。

U23日本代表としてロンドンオリンピックに出場しボランチとしてプレイした。

3位:エリキ

移籍金市場価格
約2億1,000万円
前所属:パルメイラス(レンタル移籍中)
国籍:ブラジル
年齢:25歳
身長170cm/体重65Kg
ポジション:FW

2019年8月から横浜マリノスにレンタル移籍で加入しているブラジル国籍のストライカー。

ブラジルのU20、U23代表でもプレイ。

マリノス加入後は24節名古屋グランパス戦で、バイシクルシュートで初ゴールを決めスタジアムを沸かせた。

1位:マルコス・ジュニオール

移籍金市場価格
約2億4,000万円
前所属:フルミネンセFC(~2018)
国籍:ブラジル
年齢:26歳
身長167cm/体重66Kg
ポジション:FW

こちらも元ブラジルU18やU20代表にも選出されたブラジル国籍のストライカー。

加入後すぐにレギュラーとしてプレイし、今シーズンは既に14ゴールをあげている。

ゴールパフォーマンスはドラゴンボールのかめはめ波で有名。

スポンサーリンク

1位:エジガル・ジュニオ

移籍金市場価格
約2億4,000万円
前所属:バイーア/ブラジル(レンタル移籍中)
国籍:ブラジル
年齢:28歳
身長174cm/体重72Kg
ポジション:FW

またまたブラジル国籍ストライカー。

今季16試合で11ゴールと、得点を量産していたが20節のヴィッセル神戸戦で負傷してしまう。

Jリーグを見るならDAZN

  • サッカー好きの必須コンテンツ!!
  • Jリーグはもちろん海外サッカーも見放題!
    【UEFAチャンピオンズリーグ独占、プレミアリーグ、ラ・リーガ・セリエA、他】
  • トライアルで1カ月無料!見たいリーグのオフシーズンは休止も出来るので見ない時の支払いは不要!
    まずは1カ月の無料体験をお試しください!

↓公式サイトを見てみる↓

他クラブの情報はこちらから

関連記事

ここでは、各国リーグ毎の選手移籍金市場価格をまとめた記事を公開しております。見たいリーグから、チームを選択して見ていただければと思います!※この頁の情報はドイツサッカー情報サイトtransfermarktで得ている情報となり[…]

まとめ

今季残りの対戦相手は、コンサドーレ札幌、松本山雅FC、川崎フロンターレ、FC東京の4チーム!

最終節では2位FC東京との直接対決が残っており、今季のJリーグを面白くしてくれています!

とにかく前線の選手が驚異的で、ここを無失点で抑えきるのは至難の業じゃないかと思わされます!

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!