2019年10月時点欧州から見たセレッソ大阪移籍金市場価格ランキングトップ10

この記事では、2019年J1リーグ第28節終了時点で6位につけておりACL出場圏内の3位に向けて27節までで4連勝と猛追をかけているセレッソ大阪所属の選手の欧州から見た移籍金市場価格をまとめていきます!!

先日UEFAチャンピオンズリーグでリバプールに対して1ゴール1アシストと、世界で大きな注目を集めている南野拓実選手、マンチェスターユナイテッドやドルトムント等海外の強豪クラブを渡り歩き、現在スペインラリーガ2部のサラゴサに所属し海外リーグで長く高いパフォーマンスを見せ続ける香川真司選手、スペインラリーガ1部エイバルでスタメンフル出場を続ける乾貴士選手等、優秀な選手を輩出したクラブでもあります!

スポンサーリンク

そんなセレッソ大阪に所属する選手の移籍金市場価格については興味深いところがあると思いますので、セレッソサポーターの方のみではなく、Jリーグをよく見る方は一つの情報としてゆっくり見て行っていただければと思います!

※この頁の情報は海外サッカー情報サイトtransfermarkt上の情報を引用しております。

2019年10月17日時点

セレッソ大阪所属選手移籍金市場価格

それではトップ10の前に、11位から20位までの選手を一覧としてまとめます!

ポジション選手名(年齢)移籍金市場価格
11位MF藤田 直之(32)約1億700万円
11位MFレアンドロ・ルイス・デサバト(29)約1億700万円
13位FW高木 俊幸(28)約9,500万円
14位FW田中 亜土夢(32)約8,300万円
14位MF木本 恭生(26)約8,300万円
16位FW鈴木 孝司(30)約7,700万円
17位FWブルーノ・メンデス(25)約7,100万円
18位GK圍 謙太朗(28)約4,700万円
19位DF片山 瑛一(27)約4,100万円
20位GK茂木 秀(20)約3,500万円

ブルーノ・メンデス選手とかは結構活躍し、サッカー番組のハイライトとかでもよく出てくるので、トップ10に入っていると思ってました。

これまで調べてきたチームと比べて、全体的に市場価格が高く評価されております!

それではトップ10です!

9位:奥埜 博亮

移籍金市場価格
約1億1,900万円
前所属:ベガルタ仙台(~2018)
年齢:30歳
身長171cm/体重67Kg
ポジション:MF

2019年シーズンから、これまで約10年所属したベガルタ仙台からセレッソ大阪に移籍した。

2015年にはチーム年間MVPも受賞。

移籍後は即スタメンで起用され非常に長い距離を走り勝利に貢献した。

スポンサーリンク

9位:キム・ジンヒョン

移籍金市場価格
約1億1,900万円
前所属:ずっとセレッソ大阪
国籍:韓国
年齢:32歳
身長192cm/体重82Kg
ポジション:GK

セレッソ大阪で300試合以上の出場を果たしている守護神。

大きな身体だが、足元の技術にも優れており、2018年ロシアW杯の韓国代表にも選出された。

8位:都倉 賢

移籍金市場価格
約1億3,100万円
前所属:北海道コンサドーレ札幌(~2018)
年齢:33歳
身長187cm/体重80Kg
ポジション:FW

コンサドーレ札幌で5シーズンを過ごしクラブのJ1昇格に貢献。
札幌でも愛されたFW。

ポストプレイと高い身長を活かしたヘディング、左脚から放つ強力なシュートが強み。

7位:水沼 宏太

移籍金市場価格
約1億4,300万円
前所属:FC東京(~2017)
年齢:29歳
身長176cm/体重72Kg
ポジション:MF

父は元日本代表、現サッカー解説者のの水沼貴史。

横浜Fマリノスの下部組織で育ち、年代別日本代表に選出された。

派手なプレイではないが、堅実にチームに貢献することが出来、誠実な性格も評価されている。

6位:松田 陸

移籍金市場価格
約1億6,700万円
前所属:FC東京(~2015)
年齢:28歳
身長171cm/体重69Kg
ポジション:DF

本職右サイドバックのプレイヤー。

攻撃のタイミングを見極めたオーバーラップと、サイドから的確なクロスを配給し相手ゴールを脅かす。

スポンサーリンク

4位:柿谷 曜一朗

移籍金市場価格
約1億7,800万円
前所属:FCバーゼル/スイス(~2015)
年齢:29歳
身長177cm/体重68Kg
ポジション:FW

セレッソ大阪の下部組織で育ち、クラブ史上最年少の16歳でトップチームとプロ契約を交わした。

FCバーゼル時代にはUEFAチャンピオンズリーグの舞台にも立ち、銀河系軍団レアルマドリードと対戦した経験もある。

元日本代表。

4位:丸橋 祐介

移籍金市場価格
約1億7,800万円
前所属:ずっとセレッソ大阪
年齢:29歳
身長178cm/体重71Kg
ポジション:DF

セレッソ大阪下部組織で育ち、プロ契約後にJ2に落ちた時期でもクラブと契約更新。

セレッソでの試合出場数は300試合を超えるクラブ愛が伝わってくる選手。

左サイドバック、またMFとしてもプレイ可能で正確な左脚のキックを持つ。

3位:マテイ・ヨニッチ

移籍金市場価格
約2億200万円
前所属:仁川ユナイテッドFC/韓国(~2016)
国籍:クロアチア
年齢:28歳
身長187cm/体重83Kg
ポジション:DF

クロアチアの世代別代表に選出された経験がある。

仁川ユナイテッド時代には2年連続Kリーグベストイレブンに選出され、DFだが得点能力も高い相手にとって、とても脅威となる選手。

2位:ソウザ

移籍金市場価格
約2億3,800万円
前所属:クルゼイロ/ブラジル(~2016)
国籍:ブラジル
年齢:31歳
身長183cm/体重75Kg
ポジション:MF

2016年にセレッソ大阪にレンタル移籍で所属し、そのまま完全移籍となる。

ボランチのポジションの選手だが、強力なミドルシュートを放つことも出来、プレースキックの精度も高い等攻撃力もしっかり兼ね備えている。

ルヴァンカップ決勝等大きな場面で得点を決める等、欲しい場面できっちり仕事をこなす。

スポンサーリンク

1位:清武 弘嗣

移籍金市場価格
約3億3,400万円
前所属:セビージャ/スペイン(~2017)
年齢:29歳
身長173cm/体重66Kg
ポジション:MF

日本代表ではU-20、U-23でプレイし、フル代表でも40試合以上出場している。

2012年までセレッソ大阪でプレイし、その後ニュヘンベルク⇒ハノーファー96⇒セビージャと海外で5シーズンを過ごす。

ボールタッチの巧さが際立ち、ドリブルで攻め込むことも出来る。

アイデア豊富なパスといった選択肢もあり、まだ海外でプレイしても通じると思われる選手。

でも、清武選手のように海外で長くプレーした経験を持つ選手がJリーグでプレイしてくれることはセレッソサポーターでなくとも喜ばしいことです!

Jリーグを見るならDAZN

  • サッカー好きの必須コンテンツ!!
  • Jリーグはもちろん海外サッカーも見放題!
    【UEFAチャンピオンズリーグ独占、プレミアリーグ、ラ・リーガ・セリエA、他】
  • トライアルで1カ月無料!見たいリーグのオフシーズンは休止も出来るので見ない時の支払いは不要!
    まずは1カ月の無料体験をお試しください!

↓公式サイトを見てみる↓

他代表・クラブの記事を見たい方はこちら

クラブ別

関連記事

ここでは、各国リーグ毎の選手移籍金市場価格をまとめた記事を公開しております。見たいリーグから、チームを選択して見ていただければと思います!※この頁の情報はドイツサッカー情報サイトtransfermarktで得ている情報となり[…]

代表別

関連記事

ここでは、各国代表毎の選手移籍金市場価格をまとめた記事を公開しております。記事にないクラブに関しては、Twitter上等でご依頼いただければ作成致しますのでよろしくお願い致します!※この頁の情報は海外サッカー情報サイトtra[…]

2020年版セレッソ大阪推定移籍金市場価格

関連記事

この記事では2020年9月時点、J1リーグのセレッソ大阪所属選手の欧州から見た移籍金市場価格をランキング形式でまとめております!ここまでで19節を終えて12勝3分4敗でリーグ戦2位につけているセレッソ大阪。昨シーズンはロティ[…]

まとめ

海外から見ても全体的に所属選手の評価が高く、Jリーグではトータル市場価格では4位に位置するクラブです。

この数字から見ても他クラブにとって脅威であるチームであることは間違いないでしょう!

第28節終了時点では3位横浜Fマリノスに勝ち点差6でJ1の6位につけておりますが、ここから3位ACL圏内を狙えるか!?

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!