2019年9月時点欧州から見た鹿島アントラーズ所属選手移籍金市場価格トップ10

このブログでは、欧州から見た選手の市場価格をクラブ別にまとめておりますが、今日は鹿島アントラーズの選手の移籍金市場価格情報をまとめていきたいと思います!

2019年シーズン第26節終了時点で首位FC東京に対して勝ち点1差とつめてきた鹿島アントラーズ。

先日おこなわれたACLでは準々決勝でアウェイゴール差で広州恒大に敗れてしまいましたが、J1リーグ・ルヴァンカップ・天皇杯ではまだ優勝の可能性を残す日本の名門です!

その鹿島アントラーズに所属している選手の欧州から見た評価額についてはどのようになっているのか見ていきます!

最後までゆっくりご覧いただけると嬉しいです!

※この頁の情報は、ドイツサッカー情報サイトtransfermarktから得ている情報を元にまとめております。
2019年9月28日時点



鹿島アントラーズ所属選手移籍金市場価格

それではトップ10の前に、まずはトップ10以外の選手の情報を記載します!

ポジション選手名(年齢)移籍金市場価格
12位DFチョン・スンヒョン(25)約1億600万円
13位DF山本 脩斗(34)約9,400万円
14位DF内田 篤人(31)約8,300万円
14位MF中村 充孝(29)約8,300万円
16位DF伊東 幸敏(26)約5,900万円
16位MF小泉 慶(24)約5,900万円
18位DFブエノ(24)約4,700万円
19位FW相馬 勇紀(22)約4,100万円
20位DF町田 浩樹(22)約3,500万円

ちなみに、元日本代表で活躍し、今は鹿島アントラーズのキャプテンとして活躍している内田篤人選手ですが、シャルケ所属時代には移籍金市場価格が最大10億円超えとなったこともあります!

個人的に相馬選手はもっと高く評価されてもいいのではないかなーと思っております。

それではトップ10に入ります!

10位:白崎 凌兵

移籍金市場価格
約1億1,800万円
前所属:清水エスパルス(~2018)
年齢:26歳
身長181cm/体重70Kg
ポジション:MF

清水エスパルス時代には背番号10を背負ってプレイしていた。

自らの得点力も高いが、守備の能力も高く、そして良く走る献身的な選手。

10位:クォン・スンテ

移籍金市場価格
約1億1,800万円
前所属:全北現代モータース/韓国(~2016)
年齢:35歳
身長184cm/体重85Kg
ポジション:GK
国籍:韓国

韓国の全北現代モータースで11年プレイし2014年から3年連続Kリーグベストイレブン、そして2016年はキャプテンとしてACL優勝を経験している。

今季もJ1リーグ、ACLで正GKを任されている鹿島の守護神。

8位:レアンドロ

移籍金市場価格
約1億4,100万円
前所属:パルメイラス/ブラジル(~2017)
年齢:26歳
身長177cm/体重76Kg
ポジション:FW、MF
国籍:ブラジル

ブラジルU-20、U-22代表、そしてフル代表にも選出され出場経験ありの選手。

ブラジルリーグで試合経験も多く、サッカー選手としての経験値が豊富。



8位:レオ・シルバ

移籍金市場価格
約1億4,100万円
前所属:アルビレックス新潟(~2016)
年齢:33歳
身長181cm/体重76Kg
ポジション:MF
国籍:ブラジル

2013年以前はブラジルでプレイしており、それからアルビレックス新潟に移籍。

ボランチの選手であり、攻守にわたって相手に脅威を与える。

名波浩曰く、ボールアプローチのセンスが抜群としている。

7位:犬飼 智也

移籍金市場価格
約1億5,300万円
前所属:清水エスパルス(~2017)
年齢:26歳
身長182cm/体重77Kg
ポジション:DF

清水エスパルスのユース出身。

空中戦に強く、相手のセンタリング等をしっかり跳ね返すCB。

4位:三竿 健斗

移籍金市場価格
約1億6,400万円
前所属:東京ヴェルディ(~2015)
年齢:23歳
身長181cm/体重73Kg
ポジション:MF

元日本代表、だがまだ若いのでこれから更に成長し今後代表に返り咲くことも十分可能と思われる選手。

2018年ロシアワールドカップへのリスト26人には入るが本大会23名には選ばれなかった。

守備から、縦へとつなげるパスに自信を持つ。



4位:遠藤 康

移籍金市場価格
約1億6,400万円
前所属:ずっと鹿島アントラーズ
年齢:31歳
身長168cm/体重69Kg
ポジション:MF

2006年に鹿島アントラーズに入団してから既に250試合以上に出場。

右サイドハーフのポジションはスペシャリスト。

4位:伊藤 翔

移籍金市場価格
約1億6,400万円
前所属:横浜Fマリノス(~2018)
年齢:31歳
身長184cm/体重76Kg
ポジション:FW

当時アーセナルの名将ベンゲル監督から和製アンリと称されたこともある選手。

日本のクラブに所属せず最初から海外クラブ、フランスのグルノーブルと契約する。

しかし出場機会は与えられず2010年から日本に戻り清水エスパルスでプレイ。

ゴールに向かうスピード、テクニックがあり個人的には好きな選手です!

3位:永木 亮太

移籍金市場価格
約1億7,700万円
前所属:湘南ベルマーレ(~2015)
年齢:31歳
身長173cm/体重72Kg
ポジション:MF

鹿島アントラーズの守備的MF。

運動量が豊富で守備だけでなく、正確なパスで攻撃にもリズムをもたらす。

今季は右サイドバックで起用される等もあるが、高いパフォーマンスを見せチームの好調の維持に貢献。

2位:セルジーニョ

移籍金市場価格
約2億円
前所属:サントスFC/ブラジル(~2018)
年齢:24歳
身長180cm/体重82Kg
ポジション:MF、FW
国籍:ブラジル

2018年に鹿島アントラーズに完全移籍。

ジーコが熱視線を送り、日本への移籍を迷わず決意。

加入から即結果を残し、安定した成績を出し続けるレフティー。

まだ24歳ということで、末恐ろしい。

1位:土居 聖真

移籍金市場価格
約2億3,600万円
前所属:ずっと鹿島アントラーズ
年齢:27歳
身長172cm/体重63Kg
ポジション:MF

小笠原満男がつけていた伝統の8番を背負うミスターアントラーズ。

トップスピードに乗った状態からでも、緩急ある動きを見せ相手を崩したり、パスやシュートを取ってもスキルの高さが目立つ選手。

今季もJ1リーグで26試合中24試合、ACLで9試合、ルヴァンカップで2試合出場しており主力として鹿島アントラーズに欠かせない存在だと思う。

語彙力ないですが、相手に取って怖い存在。

Jリーグを見るならDAZN

  • サッカー好きの必須コンテンツ!!
  • Jリーグはもちろん海外サッカーも見放題!
    【UEFAチャンピオンズリーグ独占、プレミアリーグ、ラ・リーガ・セリエA、他】
  • トライアルで1カ月無料!見たいリーグのオフシーズンは休止も出来るので見ない時の支払いは不要!
    まずは1カ月の無料体験をお試しください!

↓公式サイトを見てみる↓

他クラブの情報を見たい方はこちら!

関連記事

ここでは、各国リーグ毎の選手移籍金市場価格をまとめた記事を公開しております。見たいリーグから、チームを選択して見ていただければと思います!※この頁の情報はドイツサッカー情報サイトtransfermarktで得ている情報となり[…]

2020年版鹿島アントラーズ移籍金市場価格

関連記事

この記事では2020年7月時点、J1リーグの鹿島アントラーズに所属する選手の推定移籍金市場価格をランキング形式でまとめております!2019年シーズンはリーグ戦3位、ルヴァンカップベスト4、天皇杯準優勝、ACLベスト8と全ての大会で良[…]

まとめ

2019年はACLでは残念ながら敗れてしまいましたが、J1リーグ・ルヴァンカップ・天皇杯と3冠を取れる可能性を残す鹿島アントラーズ。

欧州からは突出して高額な選手はいませんが、主力クラスは全員が1億超えの評価を受けており全員が安定して高いレベルであることが見て取れます!

第27節は、コンサドーレ札幌と対戦する鹿島アントラーズ!

僕はコンサドーレサポーターなので、もちろん札幌を応援しておりますが鹿島アントラーズも長く好きなチームの一つなのでこれからも日本のサッカーを世界に見せるべく活躍してほしいです!

このブログの最新情報はTwitterで発信しております!
情報として参考になったと感じていただけたらフォローしてもらえると嬉しいです!



最新情報をチェックしよう!